不動産投資

コロナ禍におけるワンルームマンション投資の相場はどうなっている?

コロナ禍だけど、ワンルームマンション投資など

不動産市場への影響は、どうなっているんだろう?

投資するにはチャンスなのかな?そうでもないのかな?

 

2020年9月現在、新型コロナウイルスによる影響は

まだまだ収束のめどは、たっていません。

 

世の中は、withコロナといって、

このウィルスと共存できる道を模索しています。

 

経済においては、株式市場は好調ですが、

実態の経済については、消費が行われず、

倒産や離職が相次ぎ、まだまだ不況は続きそうです。

 

そんなコロナ禍の中で、

ワンルームマンション投資をするのは

チャンスなのか?チャンスではないのか?

そんなことを疑問に思う人もいます。

 

僕も同じように疑問に思い、

不動産会社と色々話しました結果、

2020年9月に大阪に中古ワンルームマンションを

1戸契約する予定となっています(合計3戸目)。

 

ということで、今回のブログ記事では、

実際に、ワンルームマンション投資をしている僕が

このコロナ禍におけるワンルームマンション投資の

情報や市場感についてお答えしたいと思います。

 

 

スポンサードサーチ

コロナ禍においてワンルームマンション投資の物件価格への影響はあるのか?

コロナ禍のワンルームマンション投資

コロナ禍におけるワンルームマンション投資の

価格への影響は、ほぼないようです。

 

物件価格というのは、得られる収益(家賃収入)に

大きな影響を受けますが、現状は家賃が大きく下落する見通しがありません。

 

また、経済の指針としても、金融緩和は続いており、

ローンの利率も低い状態が続いています。

これは、ローンで投資をする人にとっては、

有利な状況なので、購入がしやすい環境と言えます。

 

こういった状況から考えると、

ワンルームマンション投資の市場においては

・家賃の下落は限定的で安全な投資先であること

・ローン金利が低く投資がしやすい環境であること

となり、物件価格が下がっていく要素は見当たらないのが現状です。

 

むしろ、ローンの融資が厳しくなる可能性があることから、

むしろ、「今こそチャンス」と需要が増えている側面もあるようです。

 

コロナ禍においてワンルームマンションの家賃は下落するのか?

コロナ禍のワンルームマンション投資

上記にも書きましたが、家賃の下落は限定的なようです。

賃貸借契約は、一般的に2年更新となっているので、

コロナショックで、すぐに影響を受けるという市場ではありません。

 

また、長期的にも、ワンルームマンションの

家賃相場が下落することも可能性は低いと考えられます。

 

たとえば、過去に大きく経済が変動した

2008年のリーマンショックでも、

オフィスのテナント賃料は大きく下落したものの、

居住用ワンルームマンションについては5%程度、

2011年まで下落しましたが、その後は上昇しています。

 

もちろん、コロナショックは、リモートワークの促進により、

居住の在り方を大きく変える可能性もありますが、

それは、2~3LDKなどのファミリータイプ向けに

影響はあるかもしれませんが、単身者向けには限定的です。

 

こうした過去のデータからも、単身者向けの居住用マンションは、

底堅く、リスク少なく投資ができる先とみられています。

 

スポンサードサーチ

コロナ禍におけるワンルームマンションの賃貸需要や入居率に変化はあるのか?

コロナ禍のワンルームマンション投資

賃貸需要や、入居率にも大きな変化はないようです。

 

リモートワークの普及で賃料の安い郊外に

賃貸需要がうつる予測もありますが、

すべての業務をリモートにできる企業は多くありません。

 

僕も、東京と大阪をまたいで働いていますが、

リモートが推進されているのは東京都心が多く、

東京の郊外や、埼玉、神奈川、大阪含む関西エリアの

人手は戻りつつある印象です。

 

また、リモートワークで通勤時間が減り、

自由に使える時間が増えたたため、今後も終業後の時間を

有効活用したいというビジネスマンが増えているため、

職住近接の良さが再認識もされています。

 

官公庁や学校、企業のオフィス機能を

東京から別のエリアに移す動きは大きくなく、

新規の供給が少ない単身者向けのマンションは

今後も安定して入居率を維持できるでしょう。

 

実際に、僕が物件を購入して管理を委託している会社の

コロナ禍の入居率も大きく変化はありません。

4月 5月 6月 7月
2019年 99.41 99.31 99.47 99.47
2020年 99.46 99.10 99.14 99.03

引用:日本財託

 

【まとめ】コロナ禍におけるワンルームマンション投資について

コロナ禍のワンルームマンション投資

いかがでしたでしょうか?

 

コロナ禍におけるワンルームマンション投資については、

「問題なく、むしろ買い相場である」というのが個人的見解です。

 

その理由としては

・家賃の下落については影響が少ない

・家賃下落がないので、物件価格も下がらない

・低金利が続いているので借金をしやすい

・経済悪化懸念で長期的に融資が厳しくなる懸念がある

などがあるためです。

 

このコロナ禍を機に、ワンルームマンション投資に

興味を持った人は、こちらの記事も参考にしてください。

サラリーマンの不動産投資
サラリーマンの不動産投資はワンルームマンション投資がオススメです

続きを見る

 

不動産投資以外にも、他の投資の選択肢を見たい、

という人には、こちらの記事も参考になると思います。

投資の種類
代表的な投資の種類5選。初心者には何がいい?

続きを見る

投資初心者向けに、金融の知識のリテラシーを上げたい人は、

YouTuber両学長が発行した「お金の大学」を買ってください。

自分の資産の増やし方が、具体的に分かるので、非常にオススメです。


 

 

ということで、いろいろお伝えしましたが、

こういったコロナショックなどの経済が混とんとしている

タイミングは投資のチャンスでもあります。

 

ぜひ、この機会に、何かチャレンジしてみましょう!

 

 

スポンサードサーチ




-不動産投資

Copyright© 30代からの自分磨き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.