猫日記

【写真付きで紹介】猫を迎える初日の流れをリアルにお伝えします

猫を初めて飼うけど、猫を迎える初日はどんな感じなの?

ということで、僕も猫を飼うのは人生で初めてですが、そんな初日の様子をお届けします。

猫はデリケートだし、家で買うにはどんな準備をしたらいいのか?など色々不安なこともありました。

ただ、無事初日を終えることができて、エサも食べて、トイレもできて、良かったです。

そんな僕の猫を迎える初日の様子が、これから猫を飼おうという人のヒントになればと思います

 

ということで、今回のブログでは

・猫を迎える初日の様子

・猫を迎える初日までの準備など

について解説します。

ぜひ、最後まで読んでもらい、あなたの猫を迎える初日に向けて最高の準備をしてあげてくださいね!

 

スポンサードサーチ

猫を迎える初日はどんな感じ?

猫迎える初日

 

猫を迎える初日①猫を迎えに行く

僕は家から電車で20分のところのブリーダーさんから猫を迎えることにしました。

猫を迎えるにあたって、飼い主側も緊張です。

猫を迎えるためのキャリーバッグを準備して、ちょっと大きめ荷物で迎えに行きました。

猫を迎える初日②猫と対面

ブリーダーさん宅に到着して、契約書や保険を交わして、いよいよ猫ちゃんと対面!

「かわいい!育ててくれたブリーダーさんありがとう!大切にします!」

そんな気持ちと共に、もってきたキャリーバッグへ猫を入れます。

とくに、泣きわめくこともなくすんなり入ってくれました。

僕が迎えるのはマンチカンの女の子。生後75日でした。

猫迎える初日

30分程度の時間でブリーダーさん宅を後にしました。

 

猫を迎える初日③猫と電車に乗る

帰りは猫ちゃんをキャリーバッグに入れていよいよ電車です。

ホームのアナウンス、電車がホームに来る時の音、すべてが初めて、そのたびにビクッと反応します。

そのしぐさがかわいいのですが、ストレスになってやいないか心配で、心配で。。。

猫迎える初日

そして電車に乗れたのはよかったですが、座席に座った途端

「みゃー、みゃー、みゃー」と車両にかわいい猫の声が響き渡ります。

乗客のチラっとした視線が、すこし怖い・・・そんな帰宅でしたが、2~3分で慣れてくれて鳴くことはなかったです。

 

猫を迎える初日④猫をバックに入れたまま出てくるの待つ

いよいよ自宅に到着して、猫を家に解き放ちます!

一旦、新しい空間になじませるために、リビングの中央にキャリーバッグを置きました

そして、キャリーバッグの扉をあけて、猫が自分で出てくるのを待ちます。

周囲の匂いをクンクンと確かめながら、おそるおそる、一歩ずつ、外に出てきました。

「ここが君の新しいお家だよー!」

 

猫を迎える初日⑤猫に部屋を慣れさせる

その後も猫の気の向くままに、家の探検をしてもらいました。

新しい家が、猫にとって安心な場所とわかってもらえるように、部屋に慣れさせるのです。

テーブルの下、椅子の脚、ソファーの下から、テレビ台まで、クンクンしながら歩き続けてました。

約20分くらい家の隅々まで探索し終えて、疲れが見えたところで、ケージに入れました。

 

猫を迎える初日⑥猫をケージに入れる

ブリーダーさんやペットショップで聞いた話では、ケージに入れて飼うほうが良いとのことでしたので、ケージで飼います。

その理由としては

・猫にとって自分の居場所(ナワバリ)をつくってあげる

ケージは狭いように見えるが猫にとっては問題ない

・家に放し飼いだと猫はどこにいったらいいか迷いストレスになる

ということでした。

ちなみに、選んだケージはこちらです。

 その名も「トイレどこいった」です。トイレ一体型になっていて、トイレ掃除がしやすいというのが良さそうで購入しました。

子猫のうちは1段にします。実際、トイレスペースも確保できて良さげです。

猫迎える初日

猫を迎える初日⑦猫にご飯をあげる

ケージの中には猫の餌とお水も準備。

ブリーダーさんがこれまで上げていたのと同じ餌です。

「初日は緊張で食べないかもしれません。食べたら上出来ぐらいに思ってください」

と言われていたので、食べなくても気にしてませんでした。

ただ、夜9時くらい(迎え入れたのが午後2時くらい)にパクパクと急に食べてくれました。

新しい環境に慣れてくれたのか、エサも用意した8割くらいは食べてくれたし、ナイスな迎え入れ初日でした。

猫迎える初日

ちなみに、子猫向けですが用意した餌とお水入れはこちらです。

猫を迎える初日⑧猫の用をたす

ちなみに、トイレでは初日に2回おしっこをしました。

トイレも迎え入れの初日はしないケースもあるようです。

スムーズにトイレを使ってもらうには、生まれてから使っていたトイレの砂を新居の砂に混ぜることです。

僕はブリーダーさんから、その砂をもらいました。その匂いのついた砂を、新しいトイレに混ぜておきましょう。

そうすることで、猫にとって「自分の匂いがするから安心だな」と思ってもらえるトイレ環境ができるのです。

猫を迎える初日⑨猫が寝る

慌ただしい一日の最後には、猫が安心して眠ってくれるのかどうか?です。

うちの猫はトイレで寝てしまいました。。。

猫迎える初日

ただ、慣れない環境ではこういうこともあるようです。

トイレは、自分の匂いがする、少し奥まった空間が安心感を与えます。

そのうち慣れてくるようですが、ゆっくり待とうと思います。

 

【まとめ】猫を迎える初日はどんな感じ?

猫迎える初日

いかがでしたでしょうか?

猫の初日の迎え方についてお伝えしてきました。

僕自身も猫と一緒に住むのは初めてなので、いろいろ勉強中です。

猫が何を欲しているのかな?を第一に関わっていきたいと思います。

 

スポンサードサーチ




-猫日記

Copyright© 30代からの自分磨き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.