もう一つ上を目指すランナーになるために

もう一つ上を目指すランナーのために

このブログでは、何度かフルマラソンを走り、もう一つ上のレベルを目指すランナー向けに、情報をまとめていきます。

管理人の僕も2019年にサブスリーを達成して、2022年現在、2時間50分切を目指しています。

サブ4、サブ3.5、サブ3に向けたトレーニング情報や、僕の戦歴などをご紹介します。

なお、それぞれのレベルはだいたいこんな感じです。

サブ4 サブ3.5 サブ3
ペース(キロ) 5分41秒 4分59秒 4分15秒
達成率 男性:29.1%
女性:12.3%
男性:12.2%
女性:3.2%
男性:3.13%
女性:0.38%

引用:全日本マラソンランキング(2018年4月~2019年3月)

サブ4以上は上位3割の領域なので、適当にやってても達成できるものではありません。

特にサブ3は市民ランナー憧れの領域。本気でやってもなかなかできない大きな壁です。

これらの目標は多くの市民ランナーの目標として存在しています。

こんなランニング上級者を目指して頑張っていきたい人の参考になれば幸いです。

 

サブ4、サブ3.5、サブ3の難易度、達成のためのメニュー

もう一つ上を目指すランナーのために

もう一つ上のレベルに行くための難易度やトレーニングメニューについて解説です。

サブ4【ランナー最初の目標】

ランナーの最初の目標になるのがサブ4=4時間切りです。

1キロ5分41秒ペースなので、そこまで速くはありません。

ただ、このペースを維持できるか?ということが難しさですね。

サブ4関連の記事は下記にまとめています。

①サブ4のデータ(完走者の割合、難易度など)

②サブ4のペース配分

③サブ4を3か月で達成するトレーニングメニュー

個人的には月100kmのトレーニングを3か月やれば見えてくるかな?と思っています。

サブ3.5【上級者の仲間入り】

サブ3.5という3時間30分切りから、上級者の印象です。

ペースとしてもキロ5分をきってくるので、そこそこのスピードも求められます。

サブ3.5関連の記事は下記にまとめています。

①サブ3.5のデータ(完走者の割合、難易度など)

②サブ3.5のペース配分

③サブ3.5達成のトレーニングメニュー

トレーニング量としては、月150kmを3か月やり切ることが最低ラインでしょう。

サブ3【市民ランナーの憧れ】

さぁ、市民ランナーの憧れのサブ3。

この領域は本気で狙いにいかないと達成はかなり難しいでしょう。

僕も、サブ3を目指すにあたって、はじめてシューズやトレーニングにこだわりだしました。

サブ3関連の記事は下記にまとめています。

①サブ3のデータ(完走者の割合、難易度など)

②サブ3のペース配分

③サブ3達成のトレーニングメニュー

月200kmをスピード練習なども取り入れながら、3か月以上取り組みます。

スピードもあがるので、けがにも気をつけねばなりません。

管理人のマラソン戦歴

ランニング

ここからは、管理人のマラソン戦歴をご紹介します。

僕は2010年の26歳の時からマラソンを開始しました。

最初のマラソンはハーフマラソンから。なんとか2時間切をして、そこから今に至ります。

自己ベスト

僕のマラソンの自己ベストはこちら。

ハーフマラソン 1時間24分00秒(20年ハイテクハーフマラソン、35歳)

フルマラソン 2時間58分16秒(19年さいたま国際マラソン、35歳)

100kmマラソン 11時間34分39秒(22年富士五湖ウルトラマラソン、37歳)

僕は子どもの時から、そこそこ長距離は速いほうだったと思います。

とはいえ、クラスの中で上位という程度で、走るのは得意だろうという感じ。

そんな僕が、本気を出したのは2019年。

「サブ3になるぞ!」と決めて約半年で達成できました。

>>サブ3体験記はこちら

今後のマラソン目標

そんな感じで、毎年新たな目標をもって頑張っているマラソン。

マラソン歴も10年を超えて、人生の一部となってきましたが、生涯をかけて取り組みたいのはこちらです。

・世界6大マラソン制覇

・海外アイアンマン完走

世界6大マラソンというメジャー大会を回りたいです。

さらに、トライアスロンもやっているので、一番タフな距離を海外でやり切りたいですね!

そんなことを見通しつつ、2022年~2023年ころの直近目標はこちら。

・市民ランナーグランドスラム

・サブエガ

市民ランナーグランドスラムを達成するために、サブエガレベルの走力も持ちたい、そんなことを考えています。

マラソン戦歴まとめ

僕の過去のフルマラソン戦歴をまとめます。

過去13回のフルマラソン経験があり、12回完走をしています。

タイムの内訳はこちらです。

~3:00 3:00~3:15 3:15~3:30 3:30~4:00 4:00~5:00 5:00~
1回 2回 2回 4回 2回 1回

サブ4より上のレベルが9回あるみたいですね。

また、こちらは各年の大会参加数です。

もともと走力は一般以上にはありつつも、2018年~2019年をかなり頑張った感じです。

フル ハーフ その他
2022年 2回 1回 100km1回
富士登山1回
30km1回
2021年 1回 0回
2020年 0回 1回(サブ85達成)
2019年 3回(サブ3達成) 0回 100km1回
30km1回
トライアスロン1回
2018年 1回(サブ3.5達成) 2回(サブ90達成) トライアスロン1回
2017年 1回 2回 トライアスロン1回
2016年 1回 3回 トライアスロン1回
2015年 0回 4回
2014年 0回 0回 トライアスロン1回
2013年 1回 1回 トライアスロン1回
2012年 1回 2回(サブ100達成) 30km1回
2011年 2回(サブ4達成) 0回
2010年 0回 1回(サブ2達成)

2022年~2023年も、より過去最高のシーズンを送れるように頑張ります。

2022年

2022年は、市民ランナーグランドスラムに向けて、富士登山競走に初チャレンジ。

秋~冬にかけて、2回目のサブ3に向けて頑張っていきます。

2022年3月20日KITA!SENJUマラソン(フル)

⇒3時間52分34秒

2022年4月17日チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン(100㎞)

⇒11時間34分39秒

2022年5月22日荒川ハーフマラソン(ハーフ)

⇒1時間29分57秒

2022年7月29日富士登山競争(五合目コース)

⇒2時間3分13秒

2022年9月25日スポーツメイトラン(30km)

⇒2時間31分41秒

2022年10月3日横浜マラソン(フル)

⇒3時間13分35秒

2021年

コロナ渦二年目ということで、大会は少なめです。

2021年12月18日彩湖マラソン大会(フル)

⇒4時間25分43秒

2020年

コロナショックにより大会が相次いでなくなる。

本当は3月の板橋シティマラソンを頑張ろうと思っていたのですが、、、

2020年1月12日ハイテクハーマラソン(ハーフ)
⇒1時間24分00秒

2019年

サブ3達成したのが2019年。

はじめての100kmマラソンや、トライアスロンもはじめてミドルディスタンスにチャレンジ。

いろんな初めてを達成できた充実したシーズンでした。

2019年3月10日古河はなももマラソン(フル)
⇒3時間51分32秒

2019年4月21日チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン(100㎞)
⇒13時間11分50秒

2019年10月5日東京30k(30km)
⇒2時間22分26秒

2019年11月10日横浜マラソン(フル)
⇒3時間07分50秒

2019年12月9日さいたま国際マラソン(フル)
⇒2時間58分16秒

2018年

サブ3.5とハーフの90分切を達成した年。

頑張れば伸びる時期でした。

2018年10月14日荒川河川敷マラソン(ハーフ)
⇒1時間33分03秒

2018年10月28日横浜マラソン(フル)
⇒3時間27分07秒

2018年12月2日千葉マリンマラソン(ハーフ)
⇒1時間28分00秒

2017年

ぼちぼち頑張っている時期。

2017年2月12日印西スマイルマラソン(ハーフ)
⇒1時間46分48秒

2017年3月19日板橋cityマラソン(フル)
⇒4時間54分46秒

2017年5月6日TAMAハーフマラソン
⇒1時間43分13秒

2016年

ぼちぼち頑張っている時期。

2016年3月13日横浜マラソン(フル)
⇒3時間33分27秒

2016年4月16日多摩川ハーフマラソン
⇒1時間34分39秒

2016年10月10日荒川お月見ハーフマラソン
⇒1時間40分54秒

2016年11月5日荒川・戸田ハーフマラソン
⇒1時間35分25秒

2015年

フルマラソンはしシーズン。ハーフに何度かチャレンジ。

2015年4月19日東日本国際親善マラソン(ハーフ)
⇒1時間56分50秒

2015年7月5日多摩川ハーフマラソン
⇒1時間56分17秒

2015年10月18日タートルマラソン国際大会(ハーフ)
⇒1時間43分52秒

2015年11月8日国際大使館フレンドリーラン(ハーフ)
⇒1時間33分50秒

2014年

2014年はマラソン大会は参加せず。

エントリーするもモチベーション上がらずキャンセルを何度かしたと思います。

トライアスロンに一度参加。

2013年

マラソン熱が少しおちた。トライアスロンに初チャレンジ。

2013年3月20日淀川国際ハーフマラソン
⇒1時間36分44秒

2013年12月1日那覇マラソン(フル)
⇒5時間3分49秒

2012年

サブ4達成からの流れでマラソンを適度に頑張っていました。

2012年2月19日河内長野ハーフマラソン
⇒1時間38分35秒

2012年10月27日大阪30k(30km)
⇒2時間48分02秒

2012年11月11日淀川リバーサイドマラソン
⇒1時間38分7秒

2012年12月2日那覇マラソン(フル)
⇒4時間12分35秒

2011年

はじめてのフルマラソンでサブ4を達成。

後半3キロくらい歩いたが、執念でサブ4。

2011年11月6日淀川マラソン(フル)
⇒ハーフで断念

2011年12月4日那覇マラソン(フル)
⇒3時間59分09秒

2010年

マラソン大会に初めて参加。

2時間切できたが、足がかなり痛かった思い出があります。

2010年11月7日淀川ハーフマラソン
⇒1時間59分52秒

関連記事

夜景を楽しむ隅田川テラスのランニングコース

ランニング

2022/11/23

【夜景が最高】隅田川テラスのランニングコースを解説します

隅田川テラスの夜景を楽しみたい! おすすめのランニングコースってありますか? そんな疑問に対して、隅田川テラスをメインの練習コースとしている僕が、隅田川テラスの夜景が楽しめるオススメコースをお伝えします。 隅田川テラスは東京の真ん中を気持よく走れるコースです。 さらに川沿いで、たくさんの橋がライトアップされており、とてもきれいです。 季節によってライトアップも変わりますし、東京スカイツリーも見えます。 ということで、今回のブログでは、そんなきれいな隅田川テラスの夜景を写真付きでお伝えします。 ぜひ、隅田川 ...

続きを読む

【3時間13分】横浜マラソン2022についてブログで報告

ランニング

2022/11/3

【3時間13分で完走】横浜マラソン2022についてブログで報告

2022年10月30日に、コロナ渦の中で3年ぶりに開催された横浜マラソンに参加してきました! 2万人以上の参加者で、2万円の参加費と、国内でも大規模な大会でとても楽しかったです!! 目標は3時間10分でしたが、ネットタイムで3時間13分35秒フィニッシュと、少し不甲斐ない結果となりました。 2022年シーズンの大目標は2時間50分なのですが、そのシーズン最初のフルマラソン。 2週間前に東京レガシーハーフマラソンに出て1時間28分だったのですが、どこまでいけるか?という大会でした。 ということで、今回の横浜 ...

続きを読む

ギックリ腰の時に走っていいの?腰痛に悩むランナーへ

ランニング

2022/10/23

ギックリ腰の時に走っていいの?腰痛に悩むランナーへ

ギックリ腰になっちゃった。走っていいのかな?頑張りたいのに・・・ せっかく目標をかかげて頑張っていたのに、腰痛やギックリ腰で、練習が思うようにできない・・・そんなことありますよね。 ぼくも、サブエガ(フルマラソン2時間50分切)に燃えていたのに、腰痛になってしまって、1カ月練習経過が狂いました。 ちょっと治ったと思って、走ってみたけど、やっぱり痛めて・・・の繰り返し。 さらには、くしゃみ一発でギックリ腰再発で、もうメンタル病む・・・みたいな。 腰痛において、こんな悩みもあるかと思いますが、ギックリ腰の時に ...

続きを読む

【3年ぶりの本気】フルマラソンに向けて何を準備するべきか?

ランニング

2022/10/22

【3年ぶりの本気】フルマラソンに向けて何を準備するべきか?

2022年シーズンは3年ぶりのサブスリーを目指してトレーニングをしています。 さらに、その上の2時間50分切(いわゆるサブエガ)も目指しています。 その前哨戦として、東京レガシーハーフマラソンに参加してきたのですが、いくつか失敗をしました。 たとえば、 ・汗でウェアが冷えておなかが痛くなる ・靴下がずれて土踏まずに水ぶくれができる ・コロナ対策仕様の給水所に戸惑う などです。 これらは、練習ではなく「マラソン大会に出る」ことで気づけた内容でしたので、とても貴重な前哨戦となりました。 そして、この内容は以前 ...

続きを読む

ウルトラマラソン初心者が完走するには?トレーニング計画、準備について解説

ランニング

2022/9/5

ウルトラマラソン初心者が完走するには?トレーニング計画、準備について解説

ウルトラマラソンを初心者が完走するにはどうしたらいい? 今日のブログでは、ウルトラマラソンに初めてチャレンジするような初心者向けに、トレーニング計画や準備について解説します。 ウルトラマラソンにチャレンジしようとする人は、おそらく何度かフルマラソンを走ったことがある人でしょう。 フルマラソンでタイムを狙うのもよいけど、もっと違うものにチャレンジしたい、そんな気持ちもあるでしょう。 僕は、富士五湖のウルトラマラソン(100km)に2回チャレンジしております。 今後も、100kmで10時間切り=サブ10を目指 ...

続きを読む

 

スポンサードサーチ




2020年3月30日

Copyright© 30代からの自分磨き , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.