ガジェット

【幅は100センチは欲しい】在宅勤務を快適にするリモートデスク選び方

部屋が狭いけど、在宅勤務も快適にしたいからリモートワークのデスクを買いたいです。

どんなポイントで選べばいいかな?

今回のブログでは、こんな悩みを持った人向けにお伝えします。

僕は、東京都内で在宅勤務をしているサラリーマンです。

コロナ禍になり自宅で業務をすることが増えたのですが

「リビングのテーブルだとなんだか肩が凝る・・・」

「椅子が硬くてお尻が痛い・・・」

「なかなか集中力が続かない・・・」

などの悩みがありまして、生産性が上がりませんでした。

 

そこで、僕も自宅での業務効率アップや集中を保つために、こちらのリモートデスクを購入しました。

リモートデスクがあることで、仕事場ができましたし、プライベートとのオンオフの切り替えもできるようになりました。

そこで、今回のブログでは、僕がこのリモートデスクを購入するに至ったデスクの選び方をご紹介します。

さらに、どんな人によりフィットした内容か?というと

・自宅が狭い人向け

・モニターを使って大きい画面にしたい

・シンプルなデザインが好き

だと思います。

今回リモートデスクを買ってみて、もっともっと在宅勤務を快適にするためのポイントについても学ぶことができたのでお伝えしますね。

 

 

スポンサードサーチ

在宅勤務のためのリモートデスク選び方

在宅勤務を快適にするリモートデスク選び方

まずは、僕の在宅勤務のためのリモートデスクの選び方についてお伝えします。

リモートデスクの選び方①大きさは100センチはほしい

まずはリモートデスクの大きさです。横幅は100センチはほしいですね。

よくあるサイズは

・横幅:80センチ、100センチ、120センチ、140センチ

・奥行:50センチ、60センチ、70センチ、80センチ

のようなものの組み合わせでしょうか。

僕は100センチ×50センチのタイプとなっています。

在宅勤務を快適にするリモートデスク

他には100センチ×60センチ、120センチ×60センチ、140センチ×80センチなどがポピュラーですね。

部屋が狭いといっても、100センチはほしいところだと思います。

リモートデスクの選び方②チェアと干渉しないか?高さの確認

次に高さです。高さは70センチ~75センチあたりがポピュラーです。

ただ、大切なのは、チェアとリモートデスクがぶつからない高さか?を確かめることです。

僕は在宅勤務を快適にするために3万円台の割と値段の高いチェアを購入しました。

手を置くことができるアームレストがあるのですが、この肘置きがデスクにぶつかってチェアが収まらないなども考えられます。

在宅勤務を快適にするリモートデスク

しっかりチェアを何を選ぶのか?なども考えて高さを選びましょう。

リモートデスクの選び方③収納が必要かどうか?

最後に、リモートデスクに収納が必要かどうか?を考えましょう。

よくあるのは引き出しです。ただ、選び方②で見たように、引き出しがあると、チェアが干渉する可能性があります。

収納重視か?チェア重視か?両方重視か?ということなども検討する必要があります。

そこで僕は引き出しがなくて、収納のあるデスクということで、こちらを選んだのです。

 僕はこちらの収納にパソコンスタンドや、ワイヤレスキーボードなどを入れています。

在宅勤務を快適にするリモートデスク

 

在宅勤務をもっと快適にするリモートデスク選び方

在宅勤務を快適にするリモートデスク選び方

さて、ここまで在宅勤務を快適にするためのリモートデスクの選び方について解説しました。

ここからは、さらに欲をいえば、こんな機能を求めたかった!という点をお伝えします。

大きさは幅120センチ奥行60センチ以上

僕は家が小さいので、5畳の部屋に100センチ×50センチのリモートデスクを購入しました。

ただ、もっとゆとりをもって、作業をするには120センチ×60センチ以上の広さも欲しいと感じています。

そもそもの部屋がもっと大きくなれば横幅140センチなどが理想です。

いずれ、大きい家に引っ越して、そんな書斎を持てるように頑張っていきたいと思います。

高さが自由自在になる昇降デスク

同じ姿勢を保ち続けると、肩こりや腰痛が起きたり、集中力がなくなったりします。

そこで、身体を動かしたり、気分転換するためにも、高さが自由自在に変えられる昇降機能がついているデスクを希望します。

特に電動で、ワンクリックで、上に下に天板が動く機能を使えるのは理想です。

用途に合わせて、高さを変えられると、より快適に仕事ができるはずです。

高級感のある材質で気持ちもあげたい

今回購入したのは1万円未満のリモートデスクなので、それなりの材質です。

ただ、木材の材質によって、高級感や触り心地などは、全く違います。

やっぱり高いものは、ぬくもりを感じます。なぜだか、デキル人になったような気持ちにもなります。

本当はそういった材質にもこだわっていきたいですが、100センチサイズだとあまりなかったのが現実です。

いずれは、もっと大きな面積で、昇降機能があって、天板の木材も高級感のあるものを選びたいですね!

スポンサードサーチ

【まとめ】在宅勤務のためのリモートデスク選び方

在宅勤務を快適にするリモートデスク選び方

いかがでしたでしょうか。

今回のブログでは、在宅勤務をしている僕が、リモートデスクを買ったときの選び方の基準をご紹介しました。

あらためてご紹介します。

リモートデスクの選び方①大きさは100センチはほしい

リモートデスクの選び方②チェアと干渉しないか?高さの確認

リモートデスクの選び方③収納が必要かどうか?

ただ、部屋が広かったり、予算的にも、もっとこだわれる人は、面積が広く、昇降機能があって、高級感のあるものを選択したいところです。

 このあたりは、あなたのご自宅の状況によって変わると思いますが、基本的なところは参考になると思います。

ぜひ快適な在宅勤務環境を作るうえで、参考にしてくださいね。

ちなみに、僕は環境を整えるために、ほかのガジェットについてもご紹介しています。

在宅勤務を快適にするリモートデスク

気になるものがあれば、参考にしてください!

パソコンスタンド 縦置きで作業効率アップ
パソコンスタンドの縦置きで作業効率アップ!選ぶポイント3つも解説します

続きを見る

アイリスオーヤマのLEDデスクライト(LDL-QLDL)レビュー
アイリスオーヤマのLEDデスクライト(LDL-QLDL)レビュー!感想からメリットデメリットまで解説します

続きを見る

 

スポンサードサーチ




-ガジェット

Copyright© 30代からの自分磨き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.