ビジネス ブログ運営

【画像で解説】stand.fm(スタンドエフエム)の使い方5つのステップ

stand.fm(スタンドエフエム)って手軽にできるっていうけど、そんなに簡単なの?

はい!本当に簡単です。

 

僕は、stand.fm(スタンドエフエム)の毎日配信を2020年10月からはじめて1か月以上やっています。

 

stand.fm(スタンドエフエム)は、2020年にスタートした音声メディアですが、コンセプトが「誰でも、どこにいても気軽に収録ができてすぐに配信できる」としています。

 

本当にコンセプト通りで、収録時間が5分とするとその他2~3分でサクッと配信できます。

FacebookやInstagramと同じような感覚でSNSをやっている人はすぐに慣れるでしょう。

 

ということで、今回のブログ記事では、

・stand.fmについて知りたい人に

・stand.fmの収録の仕方を

・11枚の画像付き

で解説します。

 

とっても簡単なので、ぜひ、今日からstand.fmやって、あなたの発信に磨きをかけましょう。

 

 

スポンサードサーチ

stand.fm(スタンドエフエム)の使い方5つのステップ

stand.fm(スタンドエフエム)の使い方

それでは、実際にstand.fm(スタンドエフエム)の配信をやっていきましょう!

stand.fmのステップ①収録ボタンを押す

まずは収録です。

トップ画面下段中央のマイクボタンをクリック。

stand.fm(スタンドエフエム)の使い方

stand.fmのステップ②音声を収録する

画面が暗転して「収録」か「LIVE」が選べます。

stand.fm(スタンドエフエム)の使い方

収録をクリックすると収録画面にいきます。

stand.fm(スタンドエフエム)の使い方

真ん中の赤いボタンを押せば収録がスタートです。良質な音にするなら「音声マイク」を購入しましょう。僕はとりあえずしゃべるだけですが。

stand.fm(スタンドエフエム)の使い方

一通りしゃべって収録完了です。右上のはさみマークの編集から、挿入や切り取りも簡単です。

stand.fmのステップ③BGMをつける

ラジオ感を出すために、BGMを設定しましょう。右上の音符マークのBGMをクリックするとBGM選択画面になります。

stand.fm(スタンドエフエム)の使い方

もともと入っている音楽から好きなものを選べばOKです。音楽を取り込むこともできますよ。

BGMを挿入したら、その分だけ時間が伸びます。

stand.fm(スタンドエフエム)の使い方

自動でトークの前後5秒ずつくらいに挿入されて、話している間もバックミュージックとしてBGMが挿入されます。これでDJな気分が出てきます。

これでBGMは完了です。右上の「次へ」をおしましょう。

stand.fmのステップ④放送内容の設定をする

配信の仕上げの段階「放送内容の設定」となります。

stand.fm(スタンドエフエム)の使い方

ここでは「写真」「タイトル」「カテゴリ」「放送の説明」を入力します。自由に入力しましょう。

stand.fm(スタンドエフエム)の使い方

こんな感じですね。これでOKなら右上の「確認」ボタンをクリックします。

stand.fmのステップ⑤確認して投稿ボタンを押す

投稿内容の最終確認です。

stand.fm(スタンドエフエム)の使い方

仕上がりや公開範囲の確認をしましょう。OKであれば右上の「投稿」を押します。

stand.fm(スタンドエフエム)の使い方

このような配信準備の画面が出てきます。下から波がウネウネとせりあがってきて、配信準備がパーセント表示されます。

stand.fm(スタンドエフエム)の使い方

「公開が完了」です!こんな感じでとっても簡単です。これで、あなたもDJの仲間入り!

 

【まとめ】stand.fm(スタンドエフエム)の収録の使い方

stand.fm(スタンドエフエム)

いかがでしたでしょうか?

stand.fm(スタンドエフエム)の使い方はカンタンですよね。改めてまとめてみますね。

①収録ボタンを押す

②音声を収録する

③BGMをつける

④放送内容の設定をする

⑤確認して投稿ボタンを押す

ということで、サクッと配信するなら10分もあれば投稿完了です。

僕はこのスタイルで10月から毎日配信やっています。どんな実績があったか?はこちらの記事で解説しています。

stand.fm1か月目の実績報告
stand.fm(スタンドエフエム)毎日の音声配信を1か月やってみた実績報告と気づき

続きを見る

SNSやYouTubeなど発信の仕方はどんどん進化しており、今後は音声メディアがくるといわれています。

その波にしっかり乗れるように、今から音声配信のスキルを高めていきたいと思い継続しています。

ぜひ、あなたも次のニューウェーブにのっていきましょう!

stand.fm(スタンドエフエム)の公式HPへ

 

スポンサードサーチ




-ビジネス, ブログ運営

Copyright© 30代からの自分磨き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.