ビジネス

マイクロラーニングとは何?メリットから作り方まで解説します。

2020年8月6日

最近、会社の研修制度で、取り入れられるように

検討されてきているものが「マイクロラーニング」というもの。

 

コロナショックにより、集合型研修などが

難しくなっている中で、実際に、僕の会社で取り入れている

マイクロラーニングについて、解説します。

 

インターネットを使うという点では

eラーニングと同じようなものですが、

定義が少し違う部分もあります。

 

そこで、今回のブログ記事では、

・そもそもマイクロラーニングとは何か?

・マイクロラーニングのメリットは?

・マイクロラーニングの作り方

などについて解説していきます。

 

今後、マイクロラーニングを取り入れようと

思っている会社の参考になれば幸いです。

 

 

スポンサードサーチ

マイクロラーニングとは何か?

マイクロラーニング

まずは、マイクロラーニングについて説明します。

 

マイクロラーニングとは

マイクロラーニングとは、5分程度の短時間

学習を行うスタイルを指します。

 

eラーニングにおける学習形態の一種として注目されており、

マイクロラーニングはあくまで短時間における学習を指し、

特定の学習方法を指すわけではありません。

 

数分の動画視聴による学習やクイズ形式の勉強など、その形態はさまざまです。

 

マイクロラーニングができた背景

従来のeラーニングでは、一度にまとまった分量を

学習するのが当たり前になっていました。

それは、オフィスのパソコンを使って

学ぶスタイルが一般的だったことが要因です。

 

とはいえ、忙しいビジネスパーソンにとって

1時間を捻出するのも大変ですし、

一通り学習できても復習までは手が回らず、

学んだことが定着しないのも問題でした。

 

これらを解決するために登場したのがマイクロラーニングです。

1度の学習に多くの時間がかからないので、移動時間などを利用でき

短時間の学習なので、集中力の維持も簡単です。

 

また、デバイスも、パソコンからモバイルに変化し、

このモバイルが、マイクロラーニングとの相性が良いのです。

 

マイクロラーニングのメリット

マイクロラーニング

それでは、具体的に、マイクロラーニングの活用は、

どのようなメリットがあるのでしょうか。見ていきましょう。

 

マイクロラーニングのメリット①柔軟に学習させやすい

マイクロラーニングは、1回の学習に時間があまりかからないので、

スケジュールに柔軟に組み込めます。

 

たとえば、通勤電車の中で学習することができます。

本人に意欲があれば、昼休みや業務と業務の隙間時間なども活用できるでしょう。

1度の学習に必要な労力も大きくないため、あまり億劫に思わずに取り組めるのも魅力です。

 

マイクロラーニングのメリット②学習内容を定着させやすい

学習内容の定着において重要なのは、高頻度の復習です。

1度に時間をかけて復習するより、短時間での復習を繰り返した方が

効果的であることはよく知られています。

 

この点においてマイクロラーニングはたいへん優れた学習形態です。

モバイルデバイスは基本的に常に持ち歩いているため、いつでも復習できます。

 

マイクロラーニングのメリット③学習教材を作成・修正しやすい

1度の学習内容がコンパクトであることは

教材を作成する側にもメリットをもたらします。

 

作成や修正に要する手間が少なく済むからです。

 

特に、法律など頻繁に変化する分野の学習においては大きなメリットとなります。

学習すべき内容が変化するたびに教材を更新しなければなりませんが、

それらの負担を軽減できるからです。

 

スポンサードサーチ

マイクロラーニングの作り方

マイクロラーニング

それでは、マイクロラーニングの作り方を見ていきましょう。

 

マイクロラーニングのコンテンツの構成

5分程度の動画を作成するにあたってのポイントは

インプット重視か?アウトプットまでするのか?

ということになります。

 

基本的に、コンテンツのゴールから考えて、

そこに向かって構成を組み立てます。

 

構成の流れとしては

結論⇒理由⇒事例⇒結論

ということで、ノウハウをまとめていきましょう。

 

マイクロラーニングのテキストをパワポに落とす

上記の流れで構成が出来上がったら、

その内容をパワーポイントに落としましょう。

 

パワーポイントのスライド3枚程度を使って

コンテンツを作成するのです。

 

zoomのレコーディング機能で撮影

このパワーポイントを使って、WEB会議システムの

zoomのレコーディング機能を使って、撮影します。

 

パワーポイントを画面共有機能にして

パワーポイントを表示して、

自分をレコーディングするのです。

 

この動画を共有することで、社員メンバーに

ノウハウを共有することができます。

 

マイクロラーニングを使って社員育成をしよう

マイクロラーニング

いかがでしたでしょうか?

マイクロラーニングについての理解は深まりましたか?

 

コロナショックにより、社員が集まっての

研修やセミナーが難しい状況にあります。

 

とはいえ、社員育成をしなければ、

長期的に事業の成長につながりません。

 

今回のコロナショックをチャンスに変えて、

あたらしい学びの方法を確立して、

生産性の高い、職場のありかたを作っていきましょう。

 

スポンサードサーチ




-ビジネス

Copyright© 30代からの自分磨き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.