不動産投資

中古ワンルームマンション投資を1年たっての失敗談【投資初心者の実態をお伝えします】

中古ワンルームマンション投資を始めたいけど、失敗したくないな。

実際に、投資を始めた人は、どう思っているんだろう。

ということで、今回はこんな悩みにお答えして、

中古ワンルームマンション投資を2019年から始めた

僕の失敗談について、お伝えします。

 

今回のブログ記事では、中古ワンルームマンション投資での

1~2年目にかけて起きた出来事をまとめたものになっています。

 

個人的には、いろいろ学びはありましたが、

失敗を取り戻すべく、引き続投資をしていきます。

 

ぜひ、これから中古ワンルームマンション投資を

始めようと思っている人の参考になればと思いますので

最後まで読んでみてください。

 

 

スポンサードサーチ

中古ワンルームマンション投資で初心者がどんな物件を買ったか?

中古ワンルームマンション投資の成功

こちらが実際に僕が持っている物件です。

物件A 物件B
物件価格 1,280万円 1,660万円
エリア 東京都府中市 大阪府大阪市
最寄り駅 最寄り駅から徒歩1分 最寄り駅から徒歩7分
築年 2006年 2015年
間取り 1k 約24平米 1k 約21平米
なぜ買ったのか? 物件価格が安く、東京の郊外だが、徒歩1分で需要があると感じたため 築浅で、今後リニアモーターカーなどで需要が見込める新大阪駅も徒歩10分程度でいけるため

では、こちらの具体的な収支を見てみましょう。

物件A 物件B
物件価格 1,280万円 1,660万円
家賃 63,000円/月 63,180円/月
管理費 6,815円/月 4,920円/月
修繕積立金 5,795円/月 1,270円/月
管理委託費 3,300円/月 3,000円/月
ローン 36,457円/月 45,731円/月

これをわかりやすく年間の収入と支出にまとめます。

物件A 物件B
物件価格 1,280万円 1,660万円
年間収入(A) 756,000円 758,160円
年間支出(B) 628,404円 659,052円
実質収入(AーB) 127,596円 99,108円

実質収入=年間収入ー年間支出 で計算します。

 

ということで、年間22.6万円の家賃収入が入ってきます。

どちらの物件も初期費用10万円程度で、購入したので、

そういう意味で、この22.6万円が今後

継続して入ってくると考えるとすごいですね。

 

これが、中古ワンルームマンション投資の威力です。

 

 

中古ワンルームマンション投資1年たっての失敗談3つ

中古ワンルームマンション投資の失敗

一方で、失敗してしまったこともありますので、

ぜひ、僕の失敗を活かして、中古ワンルームマンション投資の判断をしてほしいと思います。

 

中古ワンルームマンション投資で失敗談①修繕積立金があがった

「いつかくるだろう」と覚悟していたのですが、

所有物件が1年目に、修繕積立金が上がりました。

 

月2000円程度ですが、年間24000円となるので、

なかなか大きいですよね。

 

いきなり、上がるとはおもっていなかったので、

失敗したなー、という感じです。

 

中古ワンルームマンション投資で失敗談②不動産取得税が大きく2年目赤字になった

不動産取得税って知っていますか?

不動産を取得してから半年~1年で、

必要となる税金です。

 

これが一件あたり10万円程度かかったので、

非常に大きな出費でした。

 

投資初心者は、目の前の契約や手取り収入に目が行って、

運用後のことをあまりイメージがわいていません。

 

今から考えてみると、運用してからの方が

時間が圧倒的に長いので、ランニングコストをしっかり考えて

投資の意思決定をしていきましょう。

関連する税金の記事もあるので、良かった見てください。

中古ワンルームマンション投資の経費
中古ワンルームマンション購入後に思わぬ税金で収支が赤字【不動産会社は教えてくれない話】

続きを見る

 

中古ワンルームマンション投資で失敗談③青色申告せず20万円もらえず

青色申告って難しい話ですよね。

 

僕も、最初に青色申告を聞いたときに、

「え、不動産に関係あるの?」

「やること多くて大変だよ」

そんな風に思っていましたが、やっておけばよかったという失敗談です。

 

不動産を取得したら、確定申告をする必要があります。

簡単に言うと、自分で、税務署に収入を申告するということですね。

 

ここで、しっかり帳簿をつけて、青色申告をすると

税金が65万円控除を受けることができたのです。

 

といっても、税金に詳しくない人からすると、

これがどのくらいの影響があるのかわからないと思います。

 

ざっくりいうと、青色申告しておけば、

僕の場合だとおそらく20万くらい税金が返ってきていただろう

ということになります。

 

20万円もらえるなら、しっかりやっておけばよかった・・・

ということです。

 

不動産会社や本によっては、

「不動産投資初期のころは、青色申告はいらない」

という情報も見受けられます。

 

僕もそれを真に受けていたのですが、

やっておくだけで、10万~くらい税金が返ってくるので、

これは、絶対やっておくべきです。

 

スポンサードサーチ

中古ワンルームマンション投資で成功するために情報収集しましょう

中古ワンルームマンション投資の失敗

中古ワンルームマンション投資で失敗しないためには、まずは情報収集です。

 

ブログでもOKですが、個人的には、本、ネット、セミナーで、情報収集しました。

今回は、僕が情報収集するうえで、参考にしているものをご紹介します。

 

中古ワンルームマンション投資に参考になる本

オススメの3冊をご紹介します。

 

①私が東京の中古ワンルームマンション投資で自由な人生を手に入れた方法

エンジニア出身の著者がワンルームマンション投資で

資産2億になるまでの流れを書いてくれています。

中古ワンルーム投資の入門のような本です。

 

②「未来収入」実践ノート

夫婦で中古ワンルームマンション投資にチャレンジした投資本。

物件の購入状況が詳しく書いてあり、意思決定の勉強になります。

 

③ファイナンシャルプランナーが教える「大阪」ワンルームマンション投資術

不動産会社の代表が書いた本。

大阪に特化した不動産情報が詰まっています。

僕はこの本を読んで、この会社から大阪の物件を買いました。

 

中古ワンルームマンション投資向け不動産会社

不動産投資するにあたって、

不動産会社が運営するセミナーや面談などで

情報収集することも大切です。

 

僕も不動産を購入するにあたり5社ほど相談に行きました。

まずは、いろんなところで情報収集して、アドバイスを受けることで

自分の投資の方向性も見えてきます。

 

僕が利用した会社でオススメなところを3つ紹介しますので

まずは、どこか1社でもセミナーや相談に行ってみてください。

 

①株式会社TAPP

不動産投資だけでなく、サラリーマンのための資産運用について、

初心者でもわかりやすいセミナーをしてくれます。

\登録はこちらをクリック/

CRAZYマネー お金のプロが教えるたった90分でわかる「会社員だからできる資産形成術」 【東京・大阪・名古屋】

②株式会社日本財託

東京のワンルームマンション投資の老舗で実績が豊富です。

誠実な会社で、いろんなことを気軽に相談できます。

一戸目の物件は、こちらの会社で購入しました。

\登録はこちらをクリック/

日本財託セミナー

 

③株式会社GA technologies

テクノロジー×不動産で、業界を革新している会社です。

マザーズ上場で、川崎フロンターレのスポンサーと

ミーハーな僕は、次はこの会社で購入したいと検討しています。

\登録はこちらをクリック/

【GA technologies】

中古ワンルームマンション投資を成功させるために

中古ワンルームマンション投資の成功

いかがでしたでしょうか?

 

投資初心者の僕が、中古ワンルームマンション投資をして

1年たって、失敗したと思っているポイントを解説しました。

 

感じ方は人それぞれですが、

これからの不透明な社会の中で、

自分の仕事以外にも、お金を増やす手段があるのは

非常に重要なことです。

 

それが、中古ワンルームマンション投資なのかどうか?は、

あなたの状況次第ですが、何かしらの投資をすべきです。

 

僕がなぜ中古ワンルームマンション投資をはじめたのか?

なども記事があるので、よければこちらも参考にしてくださいね。

中古ワンルームマンション投資
30代でワンルームマンションの不動産投資を始めた理由

続きを見る

 

スポンサードサーチ




-不動産投資

Copyright© 30代からの自分磨き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.