投資

【2021年11月】ジュニアNISAの積立結果をお伝えします

ジュニアNISAをやっている人の積立結果を知りたいな。

子どもの教育費にむけて、ジュニアNISAを検討している人もいると思います。

そんな人に向けて、僕が運用しているジュニアNISAについて積立結果をお伝えします。

結論からお伝えすると、2020年12月から運用を始め、2021年11月現在+380,769円になっています

 

僕はジュニアNISA初心者ですが、積立NISAやiDeCoなども取り組んだうえで、もう少し投資先を探していたので、ジュニアNISAを始めました

積立NISAの実績
【実績公開】積立nisaの初心者が年間40万円積み立てたらどうなった?

続きを見る

ジュニアNISAは2023年で制度が終了してしまうのですが、年間80万円まで非課税枠があるので、2020年~2023年の4年総額320万円の非課税枠を狙ってジュニアNISA利用を開始しました。

このブログを見ている人も、少しでも非課税枠を使いたいなら、今すぐジュニアNISAを始めることをお勧めします。

 

ということで今回のブログでは、ジュニアNISAをこれから検討している人向けに

・ジュニアNISAの積立結果(2021年11月時点)

・ジュニアNISAの積立を始めるなら今である理由

などについて解説したいと思います。

 

ジュニアNISAについて知りたい人は、最後まで見ていってもらえると嬉しいです。

 

 

スポンサードサーチ

【2021年11月】ジュニアNISAの積立結果は+380,769円

【2021年11月】ジュニアNISAの積立結果をお伝えします

それでは、ジュニアNISAの2021年11月時点の積立結果をお伝えします。

2021年11月のジュニアNISAの積立結果

僕のジュニアNISA2021年11月の運用実績はこちらです。

【2021年11月】ジュニアNISAの積立結果をお伝えします

現在の評価額が約178万円で、リターンが+38万円となっています。

キャプチャが見えづらいかもしれないのでテキストでも確認です。

投資総額 時価評価額 評価損益 評価利回り
1,399,994円 1,780,763円 +380,769円 +27.2%

ジュニアNISAへの最初の投資は2020年12月に80万円しました。

ジュニアNISAの非課税枠を一年でもなんとかはやく使いたい!と思い、2020年12月から投資を開始しました。

そこから約1年で+27.2%となっていて、割と順調です

1か月投資期間が遅れると、320万円(80万円×4年)投資できるところが、240万円(80万円×3年)となるので、とても大事なタイミングでした。

2021年11月のジュニアNISAの積立している商品

ちなみに、僕がジュニアNISAで積立している商品はこちらです。

【2021年11月】ジュニアNISAの積立結果をお伝えします

子どもが18歳になるまでジュニアNISAは引き出せません。

13年くらいの長期投資なので、インデックス投資で、全世界株式とアメリカ株式を50:50の比率で購入していっています。

投資総額 時価評価額 評価損益 評価利回り
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 699,996円 872,336円 172,339円 +24.61%
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 699,996円 908,427円 208,430円 +29.77%

僕が運用しているのは、投資信託の中でも手数料が安く人気のあるeMAXIS Slimシリーズです。

これは、積立NISAやiDeCoと基本的に同じです。海外株式がどんどん上がるとともに資産が増えていっています。

ということで、ここまで僕のジュニアNISAの積立結果をお伝えしてきました。

積立結果を見てみてどうでしょうか?

将来のことはわかりませんが、非課税枠を使った投資を検討しているなら、個人的にはジュニアNISAは今すぐ始めるべきと思っています。

その理由をお伝えします。

 

ジュニアNISAの積立は今すぐ始めよう

【2021年11月】ジュニアNISAの積立結果をお伝えします

それでは、ジュニアNISAの積立を今すぐ始めるべき理由をお伝えします。

ジュニアNISAは2023年で制度が廃止になる

ジュニアNISAは、2023年で制度の廃止が決定しています。

背景としては、使いづらさから人気がなかったことが要因のようです。

こちらの表のように、2021年3月末時点では、ほかのNISA口座に比べて、かなりボリュームが少ないですよね。

口座数 買い付け額
一般NISA 1224万 22兆1773億円
積立NISA 361万 9012億円
ジュニアNISA 50万 2955億円

人気がない理由は、NISA口座でありながら子どもが18歳になるまで引き出せなかったり、子どもの証券口座を作る必要がある、などがあるでしょう。

ですから、ジュニアNISAに向く人は、長期的に使わない資金がある人や、投資余力がある人が対象にはなります。

ただ、ジュニアNISAに興味があるなら、今すぐ口座開設に動くべきです。

なぜなら、日改勢枠がのこり3年(2021年、2022年、2023年)しか運用ができないからです。

非課税枠が80万円なので、2021年中にはじめれば、3年で240万円を非課税で運用できます。

ジュニアNISAの非課税枠が魅力なら2021年分から始めよう

ということで、投資余力がある人は、2021年からジュニアNISAの積立を始めましょう。

このタイミングだと、2021年分は一気に80万円を投資しないといけないですが、10年以上先を見据えると、ありな選択でしょう。

僕はジュニアNISAは楽天証券で運用していますが、SBI証券でもiDeCoの運用をしています。

この2大ネット証券であれば問題ないと思います。今すぐ口座申し込みをして非課税枠を1年分多く使いましょう。

楽天証券でジュニアNISA口座をつくる

SBI証券でジュニアNISA口座をつくる

スポンサードサーチ

【まとめ】2021年11月のジュニアNISAの積立結果

【2021年11月】ジュニアNISAの積立結果をお伝えします

いかがでしたでしょうか?

今回のブログ記事では、2021年11月のジュニアNISAの積立結果や、今すぐ始めるべき理由を見てきました。

ジュニアNISAは2023年で制度が終わってしまうので、2021年現在でいうと、残りの運用枠は80万円×3年で240万円となります。

この240万円を、子どもが成人するまでの10年以上使わないだろう、という人にとってはオススメできる制度です。

ですから、ジュニアNISAの運用に向く人は投資余力のある人ととなります。

積立NISAやiDeCoなどをやっていて、それでも投資をしたい、という人が良いかなと思います。

今すぐジュニアNISAの運用を開始すれば240万円が、300~400万程度にはなるかもしれません。

 

子どもの教育費と考えると大学の授業料に充当できそうですね!

そういった意味で、この3年の非課税枠をうまく活用できるかどうか?がポイントです。

新しい投資先を考えている人は、ジュニアNISA口座を今すぐ開設して、あなたの子どもの将来に活かしていきましょう。

楽天証券でジュニアNISA口座をつくる

SBI証券でジュニアNISA口座をつくる

 

スポンサードサーチ




-投資

Copyright© 30代からの自分磨き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.