投資

【出口戦略】積立NISAで20年後に暴落したらどうすべきか?

積立NISAをせっかく積み立てても、20年後に暴落したらどうすればいいの?

2020年のコロナショックの暴落を機に

積立NISAなどの投資をはじめた人も多いと思います。

 

なぜなら、この暴落時に投資をしておいて

これからの値上がりに期待して、

将来の資産を形成しようということだからですね。

 

でも、せっかく積み立てていっても

20年後に暴落していたら、諦めるしかないのでしょうか?

 

ということで、今回のブログでは

「長く積み立てていた時に暴落したらどうするのか?」

について解説します。

 

 

スポンサードサーチ

積立NISAで20年後に暴落しても気にしなくてよい!

積立NISA

結論としては、暴落していても気にせず保有しましょう、というのが結論となります。

 

積立NISAは長期投資が前提です。

何に投資するべきか?がそもそも大切ですが、

今は、米国株に投資し続けるのが長期的に良いとされています。

S&P500
【これ一択】株式投資初心者は積立NISAでS&P500に投資しよう

続きを見る

 

この米国株は20年という長期保有をしていれば

どんなタイミングで投資をはじめても損をすることがなかったのです。

ただし、個別株ではなくて、インデックス投資についての話ですが。

 

だからこそ、長期的に伸びていく市場に投資して、

暴落が起きても気にせず保有し続ける、一喜一憂しない、

そういうスタンスで20年の長期保有をしていくことが大切ですね。

 

積立NISAの20年後の非課税期間が終わっても運用は続けられる

積立NISA

積立NISAは、20年の期限がきたら、課税口座(特定口座)にうつされます。

 

ですから、絶対に売らなきゃいけないということではありません。

自動的に現金化されるわけではなくて、株のまま持ち続けられます。

 

現金化の予定がないなら、そのまま株を持ち続けると良いのです。

 

20年後に値上がりした場合

積立NISAが、20年後に値上がりした場合は、

そのときの時価で課税口座に移されます。

 

たとえば

・40万円で買ったものが20年後に80万円になった

・20年後に80万円で新たに取得したことになる

・つまりこの80万円の値上がりには課税されません

ということになるのです。

 

この80万円から追加で値上がった部分に対して課税がされるのです。

 

20年後に値下がりした場合

積立NISAが20年後に値下がりした場合も同じです。

 

たとえば

・40万円で買ったものが20年後に30万円になる

・20年後に30万円で取得したことになる

となります。

 

損をするというより、利益がないから節税メリットがなくなるということです。

この場合は、仕方なくあきらめましょう。

 

積立NISAは一気に全額が課税口座に移るのではない

積立NISAを開始して21年後に、

最初の年に投資したものが課税口座に異動されます。

 

大事なことは節税ができたら良いが、

本来の積立投資の王道を守ることが大切です。

 

それは、時間をかけることと、銘柄を分けることで

分散投資をし続けることです。

 

節税メリットを考えてあわてて売る必要はありません。

 

スポンサードサーチ

積立NISAはいつ売ったらいいのか?

積立NISA

それでは、積立NISAはいつ売ったらいいのでしょうか?

タイミングを考えていきます。

 

積立NISAの売るタイミング①老後の生活資金にする時

基本的な積立NISAの方針はこちらでしょう。

老後の年金の足しにしたり、お小遣いにしたりと

必要な金額を崩していくスタイルですね。

 

積立NISAの売るタイミング②急に生活資金が必要になった時

生活で必要になった時には、損とか得とか

言っている場合ではないので、売ることになると思います。

 

ただし、これはイレギュラーな現金化です。

そもそも日々の支払いが苦しくならないように

積立をしていく必要があります。

 

積立NISAを売るときは一気に売らないようにしましょう

積立NISAを売るときは一気に売らないようにしましょう。

売るときが、高値だったらいいのですが、

それは、あとから出ないとわかりません。

 

そういう意味で、積み立てるときもコツコツしましたが、

売るときもコツコツと売っていく方がよいでしょう。

 

まとめ

ドルコスト平均法

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、積立NISAを積み立てていく中で

20年後に暴落したらどうするのか?ということについて見てきました。

 

結論としては、無理して売るのではなく、

あなたにとって、売るタイミングになれば売りましょう、ということです。

 

積立NISAをはじめるときは、意外と出口戦略の詳細まで考えないものです。

今回の記事を参考にしてもられば良いですが、

20年後の話なので、気長に待ちましょう。

 

20年の間に、いろんなことも起きますし、人生何があるかわかりません。

老後の足しとして、忘れておくくらいがちょうどよいかもしれませんね。

 

スポンサードサーチ




-投資

Copyright© 30代からの自分磨き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.