投資

【初心者必見】積立NISAとは?どんな仕組みなの?

老後資金のために、積立NISAをしようと思うけど、実際に、どんな仕組みなんだろう?

 

老後資金や、将来設計のために、積立NISAを始めようという人は増えていますね。

とはいえ、投資をするというのは、初心者にとってはよくわからないし

難しいし、本当にお得なのか?がわからないですよね。

 

実際に、このブログの管理人の僕も、

積立NISAを2018年から始めて、資産が順調に増えています。

積立NISA
【ブログで公開】コロナ禍で積立NISAの運用結果はどうなった?(2020年9月)

続きを見る

 

僕が投資の参考にしているのは、中田敦彦のYouTube大学でも紹介された

山崎元の“やってはいけない”資産運用」です。

 

今回は、こちらの本の情報から、積立NISAの概要を

投資初心者向けに、わかりやすく、お伝えします。

 

積立NISAは、投資をしようと思う人なら、

絶対にやるべき制度なので、はやく証券口座をつくりましょう。

総合力の高いSBI証券で口座をつくる

外国株が豊富なマネックス証券で口座をつくる

お得度No.1の楽天証券で口座をつくる

 

 

スポンサードサーチ

積立NISAはどんな仕組み?

積立NISAとは

それでは「積立NISAってどんな仕組み?」について解説していきます。

 

年間40万円の積立を20年間運用できて税金がかからない

年間40万円、つまり月に最大33,333円の積立金額に対して、

20年間運用できて、儲かった金額に対して税金が、かからないという制度です。

 

投資に対する税率は、2020年現在は利益に対して20.315%となっています。

つまり20年で500万円儲けたとしても約100万円は税金となるのです。

税金が結構大きいですが、これが非課税となるのです。

 

積立NISAは一人一口座しかもてませんが、

この非課税枠は、非常に大きなメリットなので、ぜひ活用しましょう。

 

積立NISAの制度概要

投資上限額 年間40万円
運用期間 20年間
対象商品 一定の条件を満たした投資信託やETF
税制優遇 運用収益が非課税(最長20年間)
投資方法 契約に基づく定期かつ継続的な方法による買い付け
一般NISAとの関係 一般NISAとの併用は不可

積立NISAの買い付けは、「定期かつ継続的な方法」に限定されていますが、

必ず「毎月」である必要はありません。

この買い付け設定は、金融機関によって異なります。

 

金融庁選りすぐりの投資信託で安心に投資ができる

積立NISAで対象となっている商品は、金融庁の一定の基準をクリアしたものだけです。

ですから投資初心者が、だまされたり、リスクを負いすぎたりすることはないので安心です。

積立NISAの商品の条件

①販売手数料ゼロ(ノーロード)

②信託報酬(運用コスト)は一定水準以下に限定

③顧客に過去一年間に負担した信託報酬の概算を通知する

④信託契約期間が無期限、または20年以上

⑤分配頻度が毎月でないこと

⑥デリバリティブ取引による運用を行っていない

 

2020年9月時点では、

「インデックス型投資信託」157本

「アクティブ型投資信託」18本

「ETF」7本、対象商品に選ばれています。

 

単に多ければいいというものではないですし、

初心者は、ある程度これを選んだらよいというものもあるので、

商品数は、あまり気にしなくてよいでしょう。

S&P500
【これ一択】株式投資初心者は積立NISAでS&P500に投資しよう

続きを見る

 

積立NISAはどんなメリットとデメリットがある?

積立NISAとは

積立NISAの概要を学んだところで、メリット、デメリットや

どんな人に、この仕組みが向くのか?について見ていきましょう。

 

積立NISAのメリット・デメリット

まずは、メリット、デメリットです。

メリット ・非課税期間が20年間ある

・運用益に対する税金が優遇される

・途中で引き出しできる

・「地雷」商品が少なく安全に投資できる

デメリット ・年間40万円までしか投資できない

・積立投資しかできない

・スイッチングができない

このように、積立NISAは、

少額からしか投資はできないですが、

失敗をしにくい仕組みなので

投資初心者が成功体験を積みやすい制度となっています。

 

積立NISAに向くのは「コツコツ長期的に資産を作りたい人」

積立NISAは、投資という文化がなかなか根付かない日本で、

リスクをおさえて、安全に投資できるように設計された

金融庁による投資教材のような制度です。

投資による成功体験を安全にリスク低く得ることができます。

 

リスクは負いたくないけど、将来に向けて

長期的に資産運用をしたいという人にピッタリな制度なのです。

 

スポンサードサーチ

【まとめ】積立NISAの仕組み

積立NISAとは

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、投資初心者向けに、

積立NISAの概要について解説してきました。

 

これからの社会では、あなた自身で資産を作っていく必要がありますので、

そういった意味で、積立NISA制度を使って、

小額から、コツコツと資産を作っていくのはとても大切です。

 

積立投資では、時間を味方につけることが大切です。

時間をかければ、かけるほど、資産は大きくなっていきます。

ですから、まずは証券口座を開設して、第一歩を踏み出しましょう。

 

ネット証券であれば、SBI証券マネックス証券楽天証券がオススメです。

開設まで1か月程度かかりますので、善は急げで、今すぐ申し込みましょう。

総合力の高いSBI証券で口座をつくる

外国株が豊富なマネックス証券で口座をつくる

お得度No.1の楽天証券で口座をつくる

 

また、最初にオススメしましたが、もっと投資について勉強したいという人は、

こちらの本も、ぜひ、読んでみてください。

山崎元の“やってはいけない”資産運用」です。

 

 

スポンサードサーチ




-投資

Copyright© 30代からの自分磨き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.