ビジネス 投資

【わかりやすく解説】ビットコインを支えるブロックチェーンってどんな仕組みなの?

ビットコインはブロックチェーンという技術が使われているらしいけど、どんな仕組みなの?

難しい言葉ばかりで、よくわからないよ・・・

ビットコインが急激な値上がりによって再注目されていますが、多くの人のイメージは「なんか怪しい」ということでしょう。

ただ、ビットコインはそういった怪しいイメージだけ持っていては、もったいない革新的な通貨です。

特に、ビットコインを支えるブロックチェーンの技術が、今後の社会を変えるといっても過言ではないものなのです。

 

そこで今回のブログ記事では、ビットコインを支えるブロックチェーンについて、わかりやすくポイントを3つお伝えしていきます。

結論はこちらです。

①ビットコインは事実上偽造できない

②ビットコインは管理者が不在である

③ビットコインは国も規制ができない

このような革命的なことが、ブロックチェーンによって可能になりました。

 

最後まで読んでもらえれば、ビットコインを支えるブロックチェーンについての基礎知識が身につくはずです。

こまかい専門技術はおいておいて、何がすごいのか?をしっかり認識してビットコインだけでなく、今後の社会のありかたを考えていきましょう。

 

 

スポンサードサーチ

ビットコインのブロックチェーンは事実上偽造できない

ビットコインを支えるブロックチェーン技術

ブロックチェーンの技術的な解説になると、とても長くなりますし難しいです。とにかくポイントは「偽造や改ざんができないデータベース技術」だということ。ここをしっかり覚えておきましょう。

ブロックチェーンが誕生する前の技術では、デジタルデータはハッキングなどによって、偽造や改ざんができてしまうものでした。こういった技術の中でお金を取り扱うのは怖いですよね?

ただ、ブロックチェーンはそのような問題を解決して、安全に送金できる仕組みを確立できたのです。具体的には、ブロックチェーンのデータの改ざんをするためには、その計算結果を書き換えるのには、莫大なコストがかかることになるので、事実上改ざんができない技術となっています。

ブロックチェーンの技術を書き換えるには?

もしブロックチェーンのデータを書き換えるなら、ものすごい勢いでコンピュータを動かして、ビットコインのネットワーク上で51%の計算力を得る必要があるのです。そのためのコストは電気代だけで1時間8000万円かかるといわれており、さらに成功するかはわからないのです

さらに、ビットコインのネットワークはどんどん拡大しているので、その改ざんコストは上がっているのです。

ブロックチェーンは経済合理性により不正が排除されている

そこまでして攻撃をするくらいなら、まじめにビットコインのネットワークのルールにのっとり、マイニングしていく方が無難です。こういった技術が、事実上、偽造・改ざんができないといわれる背景なのです。

実際に、ビットコインのネットワークは、今まで偽造・改ざんがされたことはありません。ブロックチェーンは悪いことをしようと思ってもできない仕組みとなっており、この点がイノベーションなのです。

 

ビットコインはブロックチェーン技術により管理者がいない

ビットコインを支えるブロックチェーン技術

ブロックチェーンでは、管理者がいないということも革命的なポイントです。

ビットコインはみんなで管理する分散型管理

これまでの通貨というのは管理者がいました。

たとえば日本円であれば「日本銀行」が管理者で、経済の状況によって、お金の流れをコントロールしています。

それに対してビットコインは「みんなで管理しあっている」というイメージです。

ブロックチェーンはみんなでネットワークをつくる

ビットコインのネットワークは、みんなでネットワークをつくるので、誰もが自由に参加できます。

自分でコンピュータをそろえれば、ビットコインの計算はだれでもすぐにできます。

こういった計算力が世界に分散され「みんなでネットワークをつくっている」状態になるのです。

ビットコインの開発にも参加できる

ビットコインはオープンソースで、ビットコインの改善提案はだれでもできます。ですから世界中の開発者がビットコインの改善提案をしています。

ただ、実際の技術に精通していないと提案もできないのですが、それでも頑張って勉強すればいずれ開発にも携わることも可能ですし、世界中の開発者がその案を承認すれば、開発に取り入れられます。

現在、世界を席巻するGAFAMの開発に携わりたいと思ってもなかなか難しいですが、ビットコインのブロックチェーンであれば、それも可能ということなのです。

 

スポンサードサーチ

ビットコインは国も規制ができない

ビットコインを支えるブロックチェーン技術

ビットコインはインターネット上に価値を保存することを可能にした技術ですので、国でも規制ができません。

個人の通貨を国が規制できない

ビットコインを規制するにはインターネットを禁止する必要がありますが、そんなことは実質不可能ですよね。つまり個人が保有する価値ある通貨を「国」が規制できないのです。今までの通貨では、こういったことができなかったのです。この点もビットコインのブロックチェーン技術が革命的なところなのです。

ビットコインの悪用もできるので個人の力がより強まる

ビットコインは管理者がおらず、国も規制できないので、悪用することも可能です。犯罪者でも資産を差し押さえたり没収にすることができないので、国としても頭が痛い問題もあります。

こんな風に社会の在り方自体を変えてしまうかもしれないのがブロックチェーンの技術であり、ビットコインなのです。

 

【まとめ】ビットコインを支えるブロックチェーン技術

ビットコインを支えるブロックチェーン技術

いかがでしたでしょうか?

ビットコインを支えるブロックチェーンの技術について確認ができましたか?

ポイントとしては

・攻撃できない

・みんなで管理しあう

・国も規制できない

ということで、今までの常識を覆すような技術なのです。

 

とはいえビットコインは、まだまだ一般の市場で使うには課題もあるので、広まってきていませんが、長期的にはこういったデジタルマネーの活用が現実となりつつあります。

その中心となり価値をもっているのがビットコインなのです。ビットコインを知ることは、将来の資産の在り方を考えることも出あります。

そんなイノベーティブなビットコインを支える重要な技術が「ブロックチェーン」なのです。

 

スポンサードサーチ




-ビジネス, 投資

Copyright© 30代からの自分磨き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.