投資

【これ一択】株式投資初心者は積立NISAでS&P500に投資しよう

2020年9月15日

これから投資を始めたい!

S&P500に投資したい!

どうやって買えばいいの?

 

書籍やYouTubeなどの投資情報でも

S&P500のリターンが大きいと話題になっており、

投資したいという人が増えていると思います。

 

特に、日本の株価と比べても大きな開きがあり、

米国株式の投資が過熱もしています。

 

とはいえ、S&P500を買いたいと思っても、

・どうやったら買えるのか?

・初心者にオススメの買い方は?

など、疑問も多いと思います。

 

そこで、今回のブログ記事では株式投資の初心者向けに

・S&P500って、そもそもなに??

・S&P500は、どうやったら買えるの?

・S&P500のオススメの買い方は?

などについて解説します。

 

最後まで、読んでいただく、具体的な投資方法がわかるので、

あとは口座を開設して、投資するだけです。

ぜひ、最後まで、読んでいってくださいね。

 

 

スポンサードサーチ

平均リターンが年率8.5%のS&P500とは?

S&P500

S&P500とは?

S&P500(エスアンドピー・ファイブハンドレッド)は、

米国の株式市場に上場する大型株約500銘柄の平均株価指数です。

 

世界有数の格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が

1957年に算出を開始した歴史のある指標で、

現在はグループ傘下のS&Pダウ・ジョーンズインデックスが提供しています。

 

数で言えば上場企業数の10分の1以下ですが、

マイクロソフトやアップル、アマゾン、ジョンソンエンドジョンソンなど

世界に名だたる大企業で構成されており、全時価総額の80%を占めています。

ですから、ほぼ米国マーケットそのものの指数と言ってもいいでしょう。

 

過去30年の比較ではS&P500が圧倒的に伸びている

こちらのグラフは過去30年のS&P500とTOPIXの比較です。

S&P500とTOPIXの比較

引用:MONEY PLUS

これは約30年前の1990年末を基準(100)として、

米国のS&P500とTOPIX(東証株価指数)の推移を比較したものです。

 

30年間でS&P500が9倍以上に上昇しているのに対し、

TOPIXは30年前の株価にさえ達していません。

もちろん日本株も個別には値上がりしているものもありますが、

株価指数という全体の平均では、かなり厳しい結果になっています。

 

リターンも30年の平均は年率8.5%となっており

10年間、運用し続ければ2倍以上になるような数値です。

 

このような魅力的なS&P500ですが、どのように買えばよいのでしょうか?

 

株式投資初心者は積立NISAでS&P500の投資信託を選ぼう

S&P500

投資初心者に一番オススメなS&P500の買い方

2020年9月現在で、一番お得な買い方はこちらです。

購入商品 投資信託
購入方法 毎月定額積立
購入投資信託 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
証券口座 楽天証券
使う口座 積立NISA口座
支払方法 楽天カード

 

なぜ、この買い方がお得なのでしょうか?

 

投資初心者は、投資信託とETFどっちを買うのがオススメ?

投資信託とETFの共通点は、「株の詰め合わせパック」ということです。

 

S&P500とは米国株500の個別銘柄ですが、これをすべて買うのは非効率的です。

だからこそ、株の詰め合わせパックのような買い方があります。

 

では、投資信託とETFの違いを見てみましょう。

投資信託 ETF
値動き 1日1回 リアルタイム
購入手数料 ×
最低金額 100円~ 時価3000円~
保有手数料 信託報酬0.0968% 経費率0.03%~
積立NISA対応 ×

保有手数料だけ見ると、ETFの方がメリットがありますが、

積立NISAで保有できるのが投資信託のみなのです。

 

積立NISAは年間40万円まで、20年間の投資に対して、

利益に対する税金(約20%)が非課税になるのです。

 

株式投資の初心者は、いきなり大きな金額(年間40万以上など)を

投資するのは、一般的にリスクが大きいと思います。

 

ですから、まずは積立NISAを使って、少額から投資して、

非課税で投資できる「積立NISA×投資信託」を使う方がメリットが大きいのです。

 

スポンサードサーチ

株式投資初心者はeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)で決まり!

S&P500

なぜ、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)がオススメなのか?は

・楽天証券で購入できる

・信託報酬が安い

という点です。

 

楽天証券で購入できる

楽天証券は、株式投資をするときに、

非常にメリットが大きい証券会社です。

 

楽天証券では、楽天カードで決済ができるのですが、

決済額の1%が楽天ポイントになります。

 

楽天ポイントは、投資信託の購入も可能なので、

楽天証券で購入するだけで1%の利益が確定するともいえるのです。

ですから、楽天証券で購入するのは非常にメリットのある選択肢なのです。

 

信託報酬が安い

S&P500に連動する投資信託はいつくかありますが、

その中でもeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の信託報酬は0.0968%と2番目に安いです。

ファンド名 信託報酬
(税込)
つみたて
NISA
運用会社
SBI・バンガード・
S&P500インデックス・
ファンド
0.0938% SBIアセットマネジメント
eMAXIS Slim
米国株式(S&P500)
0.0968% 三菱UFJ国際投信
つみたて米国株式(S&P500) 0.2200% 三菱UFJ国際投信
iFree S&P500 インデックス 0.2475% 大和アセットマネジメント
NZAM・ベータ S&P500 0.2673% 農林中金全共連
アセットマネジメント
農林中金<パートナーズ>
つみたてNISA米国株式
S&P500
0.4983% 農林中金全共連
アセットマネジメント

一番安いのは、SBIバンガードですが、こちらは楽天証券では購入ができません。

 

楽天証券で楽天カードを使えば1%の利益となり、

2つの投資信託の信託報酬の差0.003%は、とても小さく

とるに足らない議論となります。

 

以上から、投資信託は楽天証券でeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)で

購入していくのが、2020年9月段階では一番お得です。

 

【まとめ】株式投資初心者は積立NISAでS&P500に投資しよう

S&P500

いかがでしたでしょうか?

 

今回のブログ記事では、株式投資の初心者向けに、

S&P500へのオススメの投資方法について解説しました。

 

2020年の段階で、一番、オトクな買い方としては、こちらです。

購入商品 投資信託
購入方法 毎月定額積立
購入投資信託 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
証券口座 楽天証券
使う口座 積立NISA口座
支払方法 楽天カード

 

僕は、SBI証券で、積立NISAをはじめたので、

この方法はできていませんが、

iDeCoでは、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を

購入できるので、投資をしています。

 

ぜひ、これから証券口座を開設する人は、

楽天証券で、証券口座をつくり、楽天カードで決済しましょう。

お得度No.1の楽天証券で口座をつくる

口座開設数No.1のSBI証券で口座をつくる

 

こういった取りくみを20年続けて、

S&P500が過去30年と同じような伸び率を見せれば、

積立NISA800万が、2000万円を超えることにもなります。

 

投資の世界に絶対はないのですが、

現状、一番手堅い投資方法なので、ぜひ検討してみてください。

 

また、もっと、株式投資の勉強をしたいという人は、

本を読んでの勉強が非常に大切です。

 

オススメの投資本も紹介しますので、

まずは1冊は購入して投資の知識を学びましょう。




 

スポンサードサーチ




-投資

Copyright© 30代からの自分磨き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.