ランニング

ウルトラマラソン完走2回のランナーの練習メニューを公開します

ウルトラマラソン完走するために、どんな練習すればいいのかな?

こんな悩みにむけて、ウルトラマラソン(富士五湖100km)2回完走の僕の練習メニューを公開します。

ぼくは、2019年にサブスリーを達成していますが、ウルトラマラソンは過去2回出場し、2回完走しています。

2019年 2022年
タイム 13時間11分50秒 11時間34分39秒

どちらも10時間切り(キロ6分)を目標にしていたのですが、どちらも目標達成ならず・・・といったところ。

ただ、レース前から「サブテンは無理だろうな・・・」という感じはしていました。

とはいえ、ウルトラマラソンは完走はできているので、どのくらいの走力や、走行距離の練習をしていれば完走できるのか?を参考にしてもらえればと思います。

 

ということで、今回のブログでは、

・ウルトラマラソン完走の実績詳細

・ウルトラマラソン完走前の練習メニュー

についてお伝えしていきますね。

 

 

スポンサードサーチ

ウルトラマラソン完走2回の実績公開

ウルトラマラソン完走2回のランナーの練習メニューを公開します

まずはウルトラマラソン完走2回の実績を詳細にお伝えします。

ウルトラマラソン完走2回の実績

僕がウルトラマラソンで完走したのは、ともに富士五湖ウルトラマラソンです。

割とアップダウンがあり、完走率は約7割と初心者には、少し厳しいコースといわれています。

2019年 2022年
タイム 13時間11分50秒 11時間34分39秒
順位 866位 298位
完走数 1185人 1043人
エントリー数 1667人 1509人

2019年から2022年にかけて、約1時間30分はやくなったことは成長です。

気持ち的にも、2019年走り終わった後は「もう、ウルトラマラソンはやりたくない!」と心に誓いました。

ただ、2022年は、来年こそはサブテンやるぞ!と前向きに終わることができています。

ウルトラマラソンを2回完走することで、ちょっとずつウルトラマラソンの楽しさや、コツみたいなのが見えてきた気がします。

ウルトラマラソン完走するためのレース紹介

ウルトラマラソンを完走するためには、どんなコースを走るのか?も大事です。

フルマラソンと同じで、フラットコースだと完走はしやすいです。

ということで、ウルトラマラソン完走に向けたオススメのレースを紹介します。

時期 特徴
富士五湖ウルトラマラソン 4月 アップダウンがあるが景色が美しい。
柴又100k 5月 荒川沿いのフラットコース。暑くなるケースあり。
サロマ湖ウルトラマラソン 6月 初心者オススメのフラットコース。ここに出たい。

僕は富士五湖ウルトラマラソンしか出たことありませんが、柴又100kやサロマ湖は、フラットコースで走りやすいといわれています。

ただ、柴又は景色が変わらないので辛いようです。

ということで、サロマ湖のウルトラマラソンが非常に人気といわれています。

僕も出たいのですが、最近はコロナで中止が続いています。

 

ウルトラマラソン完走2回の練習メニュー

ウルトラマラソン完走2回のランナーの練習メニューを公開します

さて、それではウルトラマラソン完走前の練習メニューを見ていきましょう。

ウルトラマラソン完走前半年の走行距離

まずは、ウルトラマラソン完走する半年前の月間走行距離を見てみます。

2019年 2022年
1か月 204.8km 243.1km
2か月 142.8km 170.3km
3か月 177.8km 100.1km
4か月 175.4km 200.5km
5か月 119.7km 86.5km
6か月 158.0km 81.7km

どうでしょうか?1か月前は200kmを超えていますが、それ以外は特に・・・という感じですね。

実は、2019年も2022年も、3~4か月前に足首を少し故障して、走らない期間が2週間ほどありました。

ウルトラマラソンは数カ月単位で準備が必要です。

計画しようにも、うまくいかないこともありますね・・・。

ウルトラマラソン完走前の走力

次に、ウルトラマラソン完走前の走力、つまりどんなレベルだったか?を見てみましょう。

まずは、2019年ですが、

1か月前のフルマラソン⇒古賀フルマラソン 3時間51分33秒(5分28秒)

2か月前のハーフ⇒1時間31分56秒(4分21秒)

という感じです。2か月前は割とスピード出せていますね。

1か月前はサブ4ですが、ここが故障明けで無理できなかった感じです。

次に、2022年は

1か月前のフルマラソン⇒3時間52分35秒(5分30秒)

2か月前に3時間走⇒36㎞(4分59秒)

でした。フルマラソンはサブ4ですが、この日はトータル約60km走っています。

ロング走がしたいということで、マラソン会場まで走って10㎞⇒フル⇒帰り10㎞と、走ったのです。

 

ということで、どちらも余力残してサブ4は走れる(サブ3.5くらい?)といったところですね。

このくらいの走力があれば、ウルトラマラソンは完走はできそうです。

サブテンを目指すなら、フルマラソン3時間前半が必要そうです。

ウルトラマラソン完走前の練習メニューは?

ウルトラマラソンは基本的に超ロング走が大事といわれています。

つまり

・50km以上はしること

・5時間以上運動すること

などが該当するでしょう。

ウルトラマラソンの完走を目指すなら、フルマラソンをサブ3.5以上などを狙っている人は、その練習をしながら、月に1度くらい超ロング走を入れる、くらいで良いと思います。

ただ、こういった練習をするのは、なかなか精神力が必要です。

そのために、ぼくはフルマラソンの大会を利用して、60km走りました。

60km走 ウルトラマラソン
60km走をウルトラマラソンのトレーニングに取り入れよう

続きを見る

 

スポンサードサーチ

【まとめ】ウルトラマラソン完走2回の練習メニュー

ウルトラマラソン完走2回のランナーの練習メニューを公開します

今回のブログでは、ウルトラマラソン完走するための練習メニューということで、これまで完走2回した僕の練習実績や走力などを見てきました。

ウルトラマラソン完走するための練習メニューなど考えようにも、なかなか情報がないと思うので、実際に完走した人の事例を見るのは勉強になりますよね。

僕の事例も、そんな感じで参考になればうれしいです。

また、ウルトラマラソンに向けての書籍なども出ているので、こちらも読んでみると良いでしょう!

最後に、富士五湖ウルトラマラソンのコース紹介や準備などについても、ブログでまとめています。

こちらも見てもらえると、ウルトラマラソンへのイメージがよりわいてくると思います。

【準備編】富士五湖ウルトラマラソン2022完走してきた
【準備編】チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン2022を完走してきた

続きを見る

【コース解説編】チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン2022完走してきた
【コース解説編】チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン2022完走してきた

続きを見る

ウルトラマラソンは、フルマラソンとは、また違った競技になります。

なかなか過酷ですが、時間が長い分、自分とも向き合うことも多くなります。

いろんなことも噛み締めつつ、それでも10時間以上かけて完走できた時の喜びは、とても大きいです。

ウルトラマラソンにチャレンジされる人は、ぜひ、その感動を味わってほしいと思います!

 

スポンサードサーチ




-ランニング

Copyright© 30代からの自分磨き , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.