ビジネス 投資

【必見】暴落予知に使える?コロナショックの株式市場を4つの指標でチェックしよう

2020年9月の株式市場を見ていて、

実体経済との乖離が大きく、割高な印象を受けます。

いつ暴落してしまうか怖いです。何か目安がないのかな?

 

ということで、株式市場への投資をしていると

今の市場は明らかに実体経済との温度差を感じますよね。

 

実際に、2020年3月に株価は暴落したにもかかわらず

2020年の夏には、またコロナ前の水準に戻りつつあります。

 

そこで、今回のブログ記事では、

株式市場をチェックするための4つの指標を紹介します。

 

情報源としては、お金の知識を簡単に学べる

リベ大の両学長のYouTubeから持ってきました。

【必見】現在の株式市場は割高?割安?

「4つの指標」で要チェック【株式投資編】

両学長は動画の中で

世の中に、この指標だけ見ておけばOKというものはない

と言っています。

 

どんな指標も強い部分もあれば、弱いところもあり、

大切なのは、複数の指標を見て、自分の頭で

考えていけるようにすることが大切です。

 

それができたら苦労しないのですが、

投資初心者の僕でも、まずはこの4つを注視していこう

という勉強になったので、ブログでご紹介します。

 

 

スポンサードサーチ

【2020年9月】株価市場はコロナショックで暴落しないか?

株式市場の暴落予知

まずは、現在の株式市場についておさらいしておきましょう。

日経平均株価

日経平均株価

NYダウ平均株価

NYダウ

引用:グーグル

チャートを見てわかるとおり、

2020年春に、コロナショックで底を打ち、

2020年夏には、コロナショック前の水準まで

戻っていることがわかります。

コロナショック
コロナショックで伸びる業界と伸びない業界は?【2020年6月】

続きを見る

 

一方で、経済活動をあらわすGDP(国内総生産)は

2020年4月~6月は前年比27.8%減など大打撃となっています。

新型コロナの影響
【新型コロナ】日本のGDP27.8%減少で今後どうなる?

続きを見る

 

この株式市場と、実体経済の乖離が、

世界の投資家を疑心暗鬼にさせているのです。

 

これから、実際に株価は伸び続けるのか?

それともバブルがはじけるのか?誰にもわかりません。

 

ただ、考えることはできるので、

そのための代表的な指標を4つ学んでいきましょう。

 

コロナによる暴落予知にも使える株式市場4つの指標

株式市場の暴落予知

それでは本題の4つの指標をチェックです。

 

株式市場の指標①バフェット指数

世界最高の投資家「ウォーレン・バフェット」が考案した指標です。

バフェット指数の計算式

株式市場の時価総額÷GDP×100

 

この指標は、株価がリアルな経済力と比較して

どれだけ割高になっているのか?を図る指標です。

一般的に100%を超えると、割高とされています

 

過去の経済危機では、

・2000年:ドットコムバブル(120%)

・2008年:リーマンショック(100%)

と、アラートが出ていました。

 

現在のバフェット指数でいうと

・アメリカ:184.7%

・日本:153.5%

・ドイツ:45.3%

・イギリス:90.7%

・中国68.8%

となっており、世界でも100%を超えています。

 

とはいえ、バフェット指数は2013年ころからずっと

100%を超えていますが、株価は右肩上がりを続けており、

この指標への疑問視が出てきています。

 

株式市場の指標②シラーPER

ノーベル経済学賞受賞者のロバート・シラー教授が考案した指数。

シラーPERの計算式

株価÷過去10年間の1株あたり純利益の平均値

 

これは、株価が、企業のリアルな収益力と比べ

どれほど割高になているのか、を測る指標です。

 

バフェット指数では、GDPを使ってリアルな経済力を測ったが、

シラーPERは、企業の過去10年の平均利益を使っています。

一般に、25倍以上になると割高と言われます

 

過去の暴落予知実績としては

・1929年:ブラックマンデー(29倍)

・2000年:ドットコムバブル(44倍)

・2008年:リーマンショック(27倍)

となっており、現状の米国市場は32倍とかなり高水準です。

 

この指標も2015年から25倍を超え続けており、

バフェット指数と同じく「使えない」と言われてきています。

 

株式市場の指標③NYダウとFRB資産残高

これは、

・NYダウの株価と

・FRB(連邦準備理事会)の資産残高

が、連動しているという指標になります。

 

FRBとは、アメリカの中央銀行制度の意思決定をする機関で、

日本でいう日本銀行の政策委員会のイメージです。

要は、さまざまな金融政策を考える金融業界のボスです。

 

ここまで見てきた①バフェット指数や②シラーPERが

うまく機能しなくなった背景に、このFRBの存在があります。

 

FRBが、金融緩和で、お金を発行し続けているので、

GDPや企業業績よりも、世界に流通する「マネーの量」が、

株価を決めるにあたって重要な要素になっているのです。

 

FRBの資産残高が増えるとはどういうことか?というと

FRBが市場にお金を流通させるために、

お金を刷って、「債券などの金融資産」を市場から

買い集めていることを意味します。

 

こちらが、実際のNYダウとFRB資産残高の相関です。

NYダウとFRB資産残高

引用:幻冬舎GOLD ONLINE

このように、FRBの資産残高を、

NYダウが追いかけるように見えます。

 

2020年コロナショックで、株式市場が暴落しても、

FRBが資産拡大を意思決定してから、NYダウは伸びました。

 

このように、現在の株式市場は、実体経済がどうというより、

政府がどのような金融政策をとるのか?によって、

大きな変動があるということが言えるのです。

 

つまり、次の暴落のタイミングとしては、

政府が金融緩和を止めるタイミング

が、きっかけになりるということです。

 

株式市場の指標④ゴールド・シルバーレシオ

金の価格が、銀の価格の何倍か?という指標です。

ゴールド・シルバーレシオの計算式

金価格÷銀価格

 

金や銀は基本的に似たような値動きをしますが

・金:宝飾品や投資用の需要が9割

・銀:工業用の需要が6割

といわれており、用途が違うので、

世界経済の構造が変化するとき、金と銀の価格に乖離が起きます。

 

一般的に、この指標が80を超えてくると暴落のシグナルと言われています。

 

過去の暴落予知としては

・1991年:湾岸戦争(100倍)

・2008年:リーマンショック(90倍)

・2016年:チャイナショック(82倍)

・2018年:VIXショック(80倍)

・2020年:コロナショック(86倍)

などがあります。

 

2020年9月現在では71倍となっています。

ゴールド・シルバーレシオ

引用:GOLDPRICE

金は、安全資産と言われており、

戦争だったり、金融危機があったりすると、

変われやすいコモディティです。

 

銀に比べて、金が高騰するということは、

投資家が「株や債券はリスクが高いから、ゴールドに避難しよう」

と考えているという可能性が高まるのです。

 

スポンサードサーチ

【まとめ】株式市場の指標を使ってコロナショックを先読みしよう

株式市場の暴落予知

いかがでしたでしょうか?

株式市場の暴落を予知しうる指標を4つ紹介しました。

あらためて、まとめてみます。

危険シグナル 現状の数値
①バフェット指数 100% 世界100%(アメリカ184.7%)
②シラーPER 25倍 32倍
③NYダウとFRB資産残高 金融緩和をストップしたとき 金融緩和持続方針
④ゴールド・シルバーレシオ 80倍 71倍

 

この指標から考えると、FRBが金融緩和を持続しており、

ゴールド・シルバーレシオも落ち着いているので、

そういう意味では、2020年9月段階では、

まだ株式市場に大きな変化はないかもしれません。

 

とはいえ、

・過去機能していたものが今は機能しなかったり

・今も機能しているが今回たまたま機能しなかったり

などありえます。

 

まずは、こういった基本の指標をみつつ、

自分の資産を守っていきましょう。

 

今回のような金融の知識のリテラシーを上げたい人は、

ぜひ、冒頭に紹介したリベ大をのぞいてみてください。

 

また、両学長が発行した「お金の大学」を買ってください。

自分の資産の増やし方が、具体的に分かるので、非常にオススメです。


 

他にも、最近出た本で、金融関連で勉強になったものを

紹介しますので、ぜひ読んで、株式市場の今後を考える

きっかけにしてください。



他にも、米国株式への投資に向けて

初心者向けの記事もあるので、こちらも参考にしてください。

米国株と日本株の比較
米国株と日本株の違いを徹底比較!米国株に投資しよう!

続きを見る

 

スポンサードサーチ




-ビジネス, 投資

Copyright© 30代からの自分磨き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.