投資

代表的な投資の種類5選。初心者には何がいい?

投資をはじめたいけど、いろいろ種類があるよね?

投資初心者は、何から始めたらいいの?

老後2000万円問題など、

先行き不透明な時代ですよね。

 

そんな中で、自分で何か投資をしようと思っても

初心者だし、失敗したら怖いしで、何から始めたらよいかわからないですよね。

 

そこで、今回は、投資初心者向けに、

代表的な5つの投資の種類をお伝えします。

 

5つの投資商品の概要や特徴を知って、

あなたに合う投資から始めてみましょう。

 

 

スポンサードサーチ

初心者は投資の種類を知りましょう

投資の種類

代表的な投資の種類は次の5つです。

株式、債券、不動産、コモディティ、預金

一つずつ解説していきます。

 

投資の種類①株式

株式とは、株式会社が個人やほかの企業から、

資金を調達するために発行する「証券」のことです。

 

企業に出資して株式を受け取った人(株主)は

株式の値上がりや配当金によって、利益を得ていきます。

 

日本、アメリカ、ヨーロッパなどの

先進国の企業の株式は「先進国株式」といい、

ブラジル、インドなどの新興国にある株式は

「新興国株式」と呼ばれています。

 

投資の種類②債券

債券は、国や地方公共団体、企業などが

資金調達のために発行する「借用書」のようなものです。

 

債券を購入した投資家は、債券価格の値上がりや

利息により、利益を得ていきます。

 

信用度の高い国や企業が発行した債券は、

踏み倒されない代わりに利回りは低い傾向があります。

債券の種類

・国際:国が発行するもの

・社債:会社が発行するもの

・地方債:地方公共団体が発行するもの

 

投資の種類③不動産

不動産の投資商品は大きく4つの種類があります。

不動産の種類

・住居(アパート、マンションなど)

・宿泊施設

・テナント(倉庫、駐車場、商業ビル)

・太陽光発電

 

不動産投資では、家賃収入や物件の値上がりで、利益を得ます。

現物の不動産に直接投資することもできるし、

不動産に投資強いてるファンドに投資することで

間接的にオーナーになることもできます。

 

投資の種類④コモディティ

コモディティにもいくつかの商品があります。

コモディティの種類

・原油などのエネルギー

・金やプラチナなどの貴金属

・トウモロコシや大豆などの穀物

 

これらの商品に投資をしておくことで、値上がりによって利益を得られます。

コモディティ商品は値動きが大きいので、

初心者であれば金(ゴールド)が無難です。

 

投資の種類⑤預金

預金と聞くと、意外かもしれませんが、

預金や定期預金も、立派な投資商品です。

これは、銀行などにお金を預けることで利息を得られます。

 

ただ、現在の日本では、普通預金の金利が0.001%と低く、

月1万円の利息を得るためには12億の預金が必要です。

 

【初心者向け】投資5種類の特徴比較

投資の種類

さて、代表的な投資商品を5つ見てきましたが、

それぞれの特徴を比較してみましょう。

①株式 ②債券
投資の傾向 ハイリスクハイリターン
(1年で半値になったり2倍になったりする)
ローリスクローリターン
利回り 長期的な期待利回りは年利3.9%~7.5%
(先進国は低利回り、新興国は高利回り)
長期的な期待利回りは年利0.3%~4.2%
(信用度の高い債券は低利回り、信用度の低い債券は高利回り)
メリット インフレに強い 安定的に利益を得られる
デメリット 値下がりリスク、倒産リスク、為替リスクあり 値下がりリスク、債務不履行リスク、為替リスクがある
③不動産 ④コモディティ ⑤預金
ミドルリスクミドルリターン 安全資産と呼ばれるが、値動きが激しい商品もある 超ローリスクローリターン
長期的な期待利回りは年利4.1%~6.0% 長期的な期待利回りは年利1.3% 年利が0.001%程度
インフレに強い 銀行からお金を借りて投資できる 世界的に価値がある商品
一般的に不況時に強い
外貨預金は高金利
空室リスク、値下がりリスク、災害リスク、流動性が低く売りにくい 値下がりリスク、保管リスク、為替リスクがある 超低金利で日本では増えない
インフレに弱い

 

スポンサードサーチ

初心者向け投資の種類5選【まとめ】

投資の種類

いかがでしたでしょうか?

代表的な投資商品5つについて、

概要や特徴を見てきました。

 

投資商品は、他にもFXや仮装通過などがありますが、

ギャンブル要素が高くなるので、初心者には向きません。

 

投資初心者が安全に投資するためには、

歴史の長い投資商品である今回の5つから

スタートするのがオススメです。

 

なぜなら、歴史の長い商品は、

メリットとデメリットがある程度出尽くしており、

想定ができるからです。

 

投資に向けて、より知識を得るために、

利回りについての記事も書いていますので、参考にしてください。

【投資初心者向け】金利とは何か?種類や相場をまず知ろう
【投資初心者向け】金利とは何か?種類や相場をまず知ろう

続きを見る

 

また、投資の知識を深めるには本を読むことも大切です。

本への投資ができずに、儲けることはできないので、

ぜひ自己投資の意味も含めて、こちらの2冊の本を購入してみてください。

 

①山崎元の“やってはいけない"資産運用 もう銀行・証券会社にだまされない!

中田敦彦のYouTube大学でも、取り上げられています。

一般的な「この投資良いよ」という本ではなくて、

「この投資は、ここをきをつけろ!」という騙されないポイントが

盛沢山なので、ぜひ、投資の前に読んでおきましょう。

 

②世界を見てきた投資のプロが新入社員に

こっそり教えている驚くほどシンプルで一生使える投資の極意

投資の小手先のテクニックではなく、

自分を含めての人生の投資戦略を感がられる本。

この本を読んで、自分の人生の方向性を考えて、

その上での投資手段を考えてみましょう。

 

さいごに、僕は、不動産投資をしているのですが、

なぜいろいろな投資手法がある中で、不動産投資をしているのか?

について書いた記事もあるので、こちらもご覧ください。

中古ワンルームマンション投資
30代でワンルームマンションの不動産投資を始めた理由

続きを見る

 

スポンサードサーチ




-投資

Copyright© 30代からの自分磨き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.