投資

【2021年2月】iDeCo(イデコ)初心者の運用14か月目の実績公開

2021年になったし、将来に向けてiDeCoやってみたいけど実際どうなの?本当にお金は増えるの?

そんなiDeCoに興味あるあなたに、iDeCo初心者の僕の運用14か月目の実績をお伝えします。

結論からいうと投資に対して利回り18.5%と高水準で推移しており、とても順調です。

このような積み立て投資においては、年利3~5%程度が平均ですが、1年少しの投資期間でこのような結果となっており、資産拡大にウハウハです。

 

とはいえ、iDeCoをやったことがない人からすると、

・それってどれくらいすごいの?

・みんなできることなの?

など、いろんな疑問が出てくると思います。

ただ、僕の投資方法は、非常に一般的で、誰もができる方法です。

詳細は、後述しますが、すごいのは今の株式市場です。新型コロナウィルスの影響で世界的金融緩和により、お金が株式市場などにどんどん流れています。

逆にお金の価値は相対的に下がっているので、投資をしていないほうが損という状況になっています。

そう聞くと不安になりますよね。ですから、iDeCoなど政府が進める金融政策には、乗ったほうが無難だといえます。

 

ということで今回のブログでは、

・iDeCo運用14か月目の運用実績

・iDeCo運用の商品の紹介

・iDeCoの仕組み3つ

をお伝えします。ぜひ、最後まで見てもらい、今後のあなたの資産形成のヒントにつなげてもらえればと思います。

 

 

スポンサードサーチ

iDeCo(イデコ)初心者の運用14か月目(2021年2月)の実績(+63,781円、+18.5%)

iDeCo14か月目の運用実績

それでは、iDeCo運用14か月目(2021年2月)の実績を公開していきます。

iDeCo(イデコ)初心者の14か月目(2021年2月)実績

iDeCo14か月目の運用実績

・資産残高 408,781円

・拠出金累計 345,000円

・通算損益 +63,781円

・運用利回 18.5%

「資産残高」は、毎月購入してきた投資信託の現在の資産価値です。

「拠出金累計」は、毎月コツコツと投資信託商品を購入して、積み立てている金額の合計です。

「通算損益」は、「資産残高」から「拠出金累計」を引いた金額で、プラスなら利益が出ていて、マイナスなら損失が出ていることになります。

「運用利回」は、通算損益を割合で計算したものです。2021年2月時点では+18.5%となっており、資産運用2年目で、とても順調な結果となっています。

 

iDeCo(イデコ)初心者の運用商品をご紹介

それでは、僕のiDeCoの運用商品を見ていきましょう。基本的には海外株式がメインとなっています。

iDeCo14か月目の運用実績

4つの運用商品を持っていますが、iDeCo運用当初から投資していた

・eMAXIS Slim国内株式(TOPIX)

・eMAXIS Slim先進国株式インデックス

の二つが損益率(運用利回り)が20%を超えていますね。

基本的に、2021年2月現在は世界的に株高が続いています。取得単価と時価の差が利益につながるので、安い時に買っている商品が多い方が利回りがよくなるわけですね。

iDeCoは60歳まで引き出せない長期運用になるので、今後も伸び続ける市場に投資をしておけば利回りがよくなるはずです。

そういう意味で、今後iDeCoを使って投資を考えている人は、人口が減っていく日本よりも、海外の市場に投資したほうが利回りがよくなる可能性が高いでしょう。

インデックスファンド
【必見】株式投資の初心者はインデックスファンドを買いましょう

続きを見る

それでは、僕の運用実績や投資商品を見てきましたが、iDeCoってそもそもどんな仕組みなの?という人のために、iDeCoの大きな特徴3つをここから解説しますね。

 

iDeCo(イデコ)初心者向けiDeCo運用の仕組み3つ

iDeCo14か月目の運用実績

ここでは、iDeCoの大きな特徴を3つお伝えします。

iDeCo(イデコ)運用の仕組み①税金が安くなる

iDeCoの最大のメリットは、積み立てた掛金が全額、所得控除の対象になるということです。

つまり老後のお金を積み立てながら、本来所得に応じて払うべき所得税や住民税が減るのです。

たとえば、月1万円(年間12万円)を積み立てた場合、年間でもどってくる金額はこちらです。

年収 年間で戻ってくる金額
300万円 約1万8000円
400万円 約1万8000円
500万円 約2万4000円
600万円 約2万4000円
700万円 約3万6000円
800万円 約3万6000円

このように戻ってくる金額は所得税率により変わりますが、投資分が戻ってきて手取り収入が増えるのは大きいですよね。

iDeCo(イデコ)運用の仕組み②利益が出ても税金がかからない

通常、利息や投資による利益に対しては一律20.315%の税金がかかります。

ただし、iDeCoでは積み立てた投資の利益については、すべて非課税となるのです。

たとえば、こちらは月1万円で30年間積み立てた元本360万円の場合、どのくらい税金がかからないか?というシミュレーションです。

運用利回り 運用総額 運用益(非課税) 運用益(課税後)
1% 419.6万円 59.6万円 47.6万円
3% 582.7万円 222.7万円 178.1万円
5% 832.3万円 472.3万円 377.8万円
8% 1490.4万円 1130.4万円 904.3万円

iDeCoなら、非課税の運用益を受け取れるのです。利回りによりますが、この税金20%がかかるか?かからないか?は資産形成上も大きいですよね。

ちなみに、この利回りが現在18.5%となっているのです。60歳になった時に、このような利回りだったら、将来安泰なわけです。

どうなることやら。

iDeCo(イデコ)運用の仕組み③60歳まで引き出せない

iDeCoは老後に向けた個人年金制度なので、積み立てた資金は60歳まで引き出せませんので、そこは注意しましょう。

ですから、もしものために引き出したいかも・・・という人は積立NISAの方が便利です。

積立NISAも非課税で投資ができますし、こちらはいつでも引き出しが可能なので万が一でも大丈夫なのです。

積み立てNISA
【資産運用初心者向け】積み立てNISAとiDeCoの違い

続きを見る

また、60歳時点での加入期間が10年未満の場合は、引き出す年齢も遅くなるので、50歳以上で始めようともう人は注意してくださいね。

 

スポンサードサーチ

iDeCo(イデコ)初心者の運用14か月目(2021年2月)の実績まとめ

iDeCo14か月目の運用実績

いかがでしたでしょうか?

今回のブログでは、iDeCo初心者の僕の投資14か月目の実績と、iDeCoの仕組みについて解説してきました。

 

今はとても好調なので、このブログを見たら「やってみようかな」と思う人もいると思いますが、とはいえ将来は何があるかわかりません。

個人的には、そのうち株価が暴落もすると思うので、この利回り水準が維持できるとは思っていません。

ただ、海外株式(特にアメリカ)の積み立てを20年以上投資すれば、元本割れすることは、ほとんどないといわれています。

ですから、僕はその長期投資の理論に従って、コツコツ投資をするのです。

ミスっても元本通り、うまくいけば利回り10%なんてこともあり得るので、だったら投資しようということです

 

ということで、iDeCoは、毎月貯金をできる人にとっては、とてもオススメな仕組みなので、ぜひ有効活用して将来の資産を作りましょう。

iDeCoをはじめるには、まずは口座開設から。投資商品はどこでも一緒なので、運用手数料の安いネット証券が良いです。

僕はSBI証券でiDeCoの口座を開設して投資信託の積立をしています。また積立NISAを楽天証券で運用しています。

基本的にこの2社のどちらかを選べば間違いないでしょう。なぜこの2つの証券会社がおすすめかというと、

・口座管理料が安い

・購入できる投資信託のラインナップが優れいている

という理由からです。

逆に言えば、iDeCoなど投資信託を始めるときの証券会社選びは、この2つ以外の要素はほぼ気にしなくて大丈夫です。

ネット証券
【投資初心者向け】ネット証券のオススメ理由3つを解説します

続きを見る

 

iDeCoをはじめるには、まずは証券口座の開設です。開設に1か月程度かかるので、やりたいと思ったら、すぐに、口座開設の資料請求をしましょう。

ということで、iDeCoは「60歳まで引き出しが出来ない」というデメリットがあるものの、節税効果は「積立NISA」と比較にならないレベルで恩恵があります。

「iDeCoを積み立てても日常生活に支障ない程度に、毎月の余剰資金がある人」は、絶大な節税効果を得るために、ぜひこの機会にiDeCoを始めましょう!

iDeCoの金融機関の選び方
初心者のための賢いiDeCoの金融機関と商品の選び方

続きを見る

 

スポンサードサーチ




-投資

Copyright© 30代からの自分磨き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.