投資

【必見】株式投資の初心者はインデックスファンドを買いましょう

2020年9月14日

株式投資の初心者です。

初心者は、インデックスファンドがいいって聞いたけど、

そもそもインデックスファンドって何?

何を買ったらいいのか教えて~。

 

株式投資の初心者が、「投資ってよくわからない」

となってしまう原因は、難しい言葉が多いことですよね。

 

僕も、

インデックスファンドとかアクティブファンドとか

よくわからなかったので、

「投資はしたいけど、ちょっと二の足ふんでしまうな」

ということもありました。

 

そこで今回は、多くの投資家や書籍なので、

・インデックスファンドの解説

・インデックスファンドで何を買うべきか?

をお伝えします。

 

責任はとれませんが、僕も投資しているのが

米国株式のインデックスファンドです。


銘柄も紹介していますので、最後までご覧ください。

 

 

スポンサードサーチ

【株式投資初心者向け】インデックスファンドって何?

インデックスファンド

インデックス=「指数」のこと

インデックスは「指数」のことなので、

インデックス投資というのは

・日経平均

・TOPIX(東証株価指数)

・S&P500

・ダウ平均

など、「指数」と同じ値動きを目指す投資方法のことです。

 

たとえば、「日経平均」の値動きを見れば

日本の有名企業225社の株価が全体として

どのように動いたか?がわかります。

 

つまり

「日経平均という指数と同じ値動きをするように投資する」というのは

「日経平均が5%上昇したら、自分の資産も同じく5%上昇する」

ということになるのです。

 

ファンドの存在理由

株式投資の初心者が、一つ一つ個別の銘柄を購入して、

指数と連動するように運用するのは、とても難しいですし手間もかかります。

 

そこで、プロ=ファンド(投資会社)にまとめてもらって、

自分の資産を、かわりに運用してもらうのです。

 

とはいえ、ファンドにもたくさんの種類があります。

ここからは、その中でも株式投資の初心者は何を選ぶべきか?

具体的に見ていきましょう。

 

株式投資初心者には、なぜインデックスファンドが良いのか?

インデックスファンド

ファンドには2種類ある

ファンドの種類は

・インデックスファンド(指数に連動するファンド)

・アクティブファンド(指数に「勝とう」とするファンド)

の2種類があります。

 

一見、アクティブファンドの方がよさそうですが、

インデックスファンドより、良い成績をのこせる

アクティブファンドは10~30%程度しかないことが

世界各国の研究から分かっている事実です。

 

プロでさえ、指数に勝ち続けることは難しいので

株式投資の初心者が、指数に勝つのは至難の業です。

 

株式投資の初心者はインデックスファンドでOKな理由

ということで、ブログの冒頭でお伝えしたように、

株式投資の初心者は「インデックスファンド」に

投資するのがオススメです。

インデックスファンドがオススメな理由

・小額から投資ができる(リスクが低い)

・低コストで運用ができる(運用手数料が安い)

・大半のアクティブファンドに勝てる

 

まずは、インデックスファンドに投資をして、

株式投資について学び、徐々に知識や経験を積んだら、

一部アクティブファンドに投資してみる、などが良いでしょう。

 

スポンサードサーチ

株式投資の初心者が買うべきインデックスファンドは何?

インデックスファンド

インデックスファンドの利点について

みてきたところで、実際に何を買うべきか?考えてみましょう。

 

資産配分について考えよう

投資は一つのファンドを買えばよいというわけではありません。

リスクの大きいファンドと、リスクの低いファンドや、

外国の景気に左右されるファンドや、日本国内の景気に左右されるファンドなど、

リスク配分をしていく必要があります。

 

「指数に投資する」という点から考えると

長期的(10年~30年)と見たときに、

成長する可能性が高い市場に投資をしておく方が無難です。

 

では、その市場はどこか?それが米国市場なのです。

 

インデックスファンドは米国株式を中心に投資しよう

米国市場が成長する理由5つを紹介します。

・世界の株式市場の50%が米国

・株式が25年で7倍に成長

・まだまだ人口が増加する

・世界を代表する技術がある

・25年連続増配企業が100社(日本は1社)

 

詳しくは、こちらの記事を見てみてください。

なぜ米国株式に投資する
なぜ米国株式に投資すべきなのか?理由5つを解説します。

続きを見る

 

米国株式の中でも「S&P500」に投資をしよう

投資の神様ウォーレン・バフェット氏は

著書「バフェットからの手紙」にこのように書いています。

「私のアドバイスはこの上なくシンプルだ。現金の10%を米国の短期国債に、残る90%を超低コストのS&P500のインデックスファンドに投資しなさい。ヴァンガードのファンドがいいだろう。この方針なら、高い報酬のファンドマネージャーを雇うどの年金基金、機関、個人の出す結果より長期にわたって良い成績を上げられると思う」

 

S&P500(エスアンドピー・ファイブハンドレッド)は、

米国の株式市場に上場する大型株約500銘柄の平均株価指数です。

 

世界有数の格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が

1957年に算出を開始した歴史のある指標で、

現在はグループ傘下のS&Pダウ・ジョーンズインデックスが提供しています。

 

数で言えば上場企業数の10分の1以下ですが、

マイクロソフトやアップル、アマゾン、ジョンソンエンドジョンソンなど

世界に名だたる大企業で構成されており、全時価総額の80%を占めています。

ですから、ほぼ米国マーケットそのものの指数と言ってもいいでしょう。

インデックス投資の出口戦略
【インデックス投資の出口戦略】4%ルールで資産を減らさない!

続きを見る

 

【まとめ】株式投資の初心者はインデックスファンドが良い理由

インデックスファンド

いかがでしたでしょうか?

 

株式投資の初心者向けに、

インデックスファンドを買うべき理由を解説してきました。

 

あらためてまとめます。

まとめ

・初心者はインデックスファンドを買いましょう

・その中でも伸びる市場の米国株式に投資をしましょう

・投資の神様が推奨する「SRP500」に投資しましょう

 

株式投資の初心者が、投資の知識を積むためにも、

まずは、勝つ可能性が高いといわれる

インデックスファンドで、プロに投資を任せて

株の値動きや、経済ニュースに触れる機会を作りましょう。

 

毎月1000円を投資するだけでも、

経済に触れる感度は高くなります。

 

さらに、投資というのは、時間の経過で

レバレッジが大きくかかります。

 

はじめるなら、はやいほど良いです。

まずは、証券口座を開設して、

積立NISAやiDeCoなど税制優遇のある仕組みを使いましょう。

積み立てNISA
【資産運用初心者向け】積み立てNISAとiDeCoの違い

続きを見る

楽天証券で口座をつくる

SBI証券で口座をつくる

 

もっと、株式投資の勉強をしたいという人は、

本を読んでの勉強が非常に大切です。

 

オススメの投資本も紹介しますので、

まずは1冊は購入して投資の知識を学びましょう。




 

スポンサードサーチ




-投資

Copyright© 30代からの自分磨き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.