投資

【2021年7月】ジュニアNISAの運用状況を写真付きで報告します

ジュニアNISAってどうなの?運用している人の状況を知りたいな。

こんな風にジュニアNISAの運用状況について知りたい人向けに、今回のブログをお届けします。

僕は2020年12月からジュニアNISAの運用を始めましたが、2021年7月現在+20.8万円(+18.3%)となっています

 

僕はジュニアNISA初心者ですが、積立NISAやiDeCoなども取り組んだうえで、もう少し投資先を探していたので、ジュニアNISAを始めました

積立NISAの実績
【実績公開】積立nisaの初心者が年間40万円積み立てたらどうなった?

続きを見る

ジュニアNISAは2023年で制度が終了してしまうのですが、年間80万円まで非課税枠があります。

僕は2020年~2023年の4年総額320万円の非課税枠を狙ってジュニアNISAの運用を開始しました。

2021年7月現在でも、今から申し込んで1~2か月後には運用できるので、まだ240万円の非課税枠を使えます。

今回のブログを読んで、ジュニアNISAに申し込もう!という人はブログ記事の一番下に、オススメの証券会社もあるので、ぜひ最後まで見ていってください。

 

ということで今回のブログでは、ジュニアNISAの運用状況を知りたい人のために

・ジュニアNISAの運用実績(2021年7月時点)

・ジュニアNISAで運用している商品

などについて解説したいと思います。

 

 

スポンサードサーチ

2021年7月のジュニアNISAの運用状況を報告

【2021年7月】ジュニアNISAの運用状況を報告します

まずはジュニアNISAの2021年7月時点の運用実績を見ていきましょう。

ジュニアNISA2021年7月の実績は+208,173円

僕のジュニアNISA2021月7月の運用状況はこちらです。スクショも公開しますね。

【2021年7月】ジュニアNISAの運用状況を報告します

具体的には、こちらです。

取得総額 時価評価額 評価損益 評価利回り
1,133,329円 1,341,502円 +208,173円 +18.3%

これまでジュニアNISAを通じて約113万円の投資をして、評価額が20.8万円増えているということです。

ジュニアNISAへの投資は2020年12月に80万円したので、約半年で+18.3%という順調な結果となっています。

 

これまでのジュニアNISAの投資金額推移

これまでのジュニアNISAへの投資金額をお伝えします。

投資金額
2020年12月 800,000円
20201年1月 0円
20201年2月 66,666円
20201年3月 66,666円
20201年4月 66,666円
20201年5月 66,666円
20201年6月 66,666円

僕は、冒頭にもお伝えしましたが、ジュニアNISAの非課税枠を一年でもなんとかはやく使いたい!と思い、2020年12月から投資を開始しました。

1か月投資期間が遅れると、320万円(80万円×4年)が240万円(80万円×3年)となるので、とても大事なポイントだったのです。

そして今は毎月66,666円ずつ積立投資をしています。

年末にまとめて80万円を投資したことが、大きなリターンを得る結果になっているようです。

それでは、僕はどんな投資先を選んでいるのか?お伝えしていきますね。

 

2021年7月ジュニアNISAで運用している商品

2021年7月ジュニアNISAで運用している商品

それでは、僕がジュニアNISAで運用しているのはどんな投資先か?確認していきます。

2021年7月時点でジュニアNISAで運用している商品は2つ

僕がジュニアNISAで運用している商品はこちらです。

【2021年7月】ジュニアNISAの運用状況を報告します

ちょっと小さいですね。テキストにするとこちら。

運用商品 取得総額 時価評価額 評価損益 評価利回り
eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 566,664円 663,077円 +96,412円 +17.0%
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 566,664円 678,425円 +111,761円 +19.2%

僕が運用しているのは、投資信託の中でも手数料が安く人気のあるeMAXIS Slimシリーズです。

全世界株式と、米国株式を50%ずつ投資をしています。今後もこの組み合わせを投資するつもりで積立設定をしています

子どもが18歳になるのは13年後なので、それまで上がり続けるであろう海外株式を中心に構成しています。

半年の運用で利回りが17~19%なので、順調ですね。

ジュニアNISA運用半年で利回りが18%も伸びている理由

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が19%伸びているので、こちらの要因を見ていきましょう。

下のキャプチャーがアメリカを代表する指標であるS&P500指数です。

ジュニアNISA運用半年で利回りが18%も伸びている理由

2021年7月では4369円となっていますが、2020年12月の年末は3732円でした。

約半年で17%伸びていますね。僕はこのタイミングで約40万円投資をしています。

ですから、この40万円分が、そのまま17%の伸びにつながっているというわけですね。

全世界株式の6割くらいはアメリカ株式なので、そちらも同じように伸びる構図になっています。

 

スポンサードサーチ

【まとめ】2021年7月のジュニアNISAの運用状況を報告

 

2021年7月ジュニアNISAで運用している商品

いかがでしたでしょうか?

 

今回のブログ記事では、2021年7月のジュニアNISAの運用状況について写真付きで報告しました。

2021年7月現在では、約半年の運用で、アメリカや全世界の投資信託で利回りが18%と順調に推移しています。

そのうちコロナバブルもはじけると思いますが、15年程度の運用期間で見ると、海外株式のインデックスファンドは、ほぼプラスに動くはず

ということで、もしあなたが積立NISAなどしていて、まだまだ非課税枠を狙って投資をしたいと思っていれば、ジュニアNISAを活用してはいかがでしょうか?

今からジュニアNISAを始めれば240万円の非課税枠を使えますよ。

子どもが18歳になるまで原則引き出せないのがデメリットですが、長期投資をするつもりならOKでしょう。

残り3年でジュニアNISAの制度は終了してしまうので、もしジュニアNISAを活用しようという人は、今すぐ口座申し込みをしましょう。

楽天証券でジュニアNISA口座をつくる

SBI証券でジュニアNISA口座をつくる

 

スポンサードサーチ




-投資

Copyright© 30代からの自分磨き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.