ブログ運営

【2020年版】グーグルアドセンスの審査で合格するために「お問い合わせフォーム」を作成しましょう

2020年6月28日

グーグルアドセンスの審査を申請するために、

お問い合わせフォームを作成したいけど、

どうやってやればいいの?

今回の記事では、そんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • お問い合わせフォームの必要性について学べる
  • お問い合わせフォームの作成ができる
  • アドセンス合格に向けた基礎が身につく

 

2020年に入ってから、アドセンスの審査が

より厳しくなったといわれています。

 

アドセンスの情報記事も、昔のものだと、

今の基準に当てはまらないものも出てきていますので、

そういう意味で、2020年に合格した僕だからこそ

お伝えできる情報を発信します。

アドセンスに合格
【16回の挑戦】Googleアドセンス審査で合格通知をもらった体験記

続きを見る

僕は2020年6月にブログ3か月目でアドセンス合格しました。

合格までに15回審査に落ち、86記事書き、苦労しました。

だからこそ、いろいろ思考錯誤したことをアウトプットします。

今回は、アドセンス審査をしっかり合格するために、

一緒にお問い合わせフォームを作りましょう。

管理人 akira

 

ぜひ、最後までご覧ください。

尚、本記事のブログの前提としては、

ワードプレスの利用している人向けになります。

 

 

スポンサードサーチ

アドセンス審査で合格するにはお問い合わせフォームが必要

お問い合わせフォーム

ブログサイトを運用していく上で、必要となるお問い合わせフォーム。

この問い合わせフォームの必要性はこのようなところです。

ポイント

・グーグルからの評価の重要な要素である

・読者(ユーザー)からの信頼性も高まる

・ブログを経由して仕事依頼が来ることもある

個人で運用しているからといっても、

収益を出していくからには、しっかりとユーザーの

要望などを受け付ける場は必要です。

 

お問い合わせフォームは、しっかりと設定しましょう。

 

ということで、お問い合わせフォームの設定方法はいくつかありますが、

今回の記事では、無料で簡単に使えるGoogleフォームで設定してみましょう。

 

アドセンス審査合格に向けてお問い合わせフォームを作ってみよう

お問い合わせフォーム

それでは、実際にGoogleフォームでお問い合わせフォームを作りましょう。

お問い合わせフォームの設定項目

お問い合わせフォームのイメージはこちらです。

お問い合わせフォーム

僕のブログのフッター部分に、

ありますので確認してみてください。

 

サイトには、ほぼ必ず設定されていますので、

いろんなサイトを参考に設定してもらえればと思いますが、

基本的には下記の内容があればOKです。

問い合わせフォーム項目

・お名前

・メールアドレス

・題名

・メッセージ内容

手順①Googleフォームにアクセス

Googleフォーム

引用:Googleフォーム

無料で簡単に使えるアンケートフォームです。

アクセスしましょう。

手順②フォームタイトルを入力する

Googleフォームホーム

フォームタイトル⇒「お問い合わせフォーム」などと

お好きなように入力お願いします。

手順③各項目を設定する

Googleフォーム

各項目も作成していきましょう。

基本的に必須項目になるので、フォームの右下の

「必須」項目をオンにしておきましょう。

手順④フォームの埋め込み

Googleフォーム送信

右上にある「送信」ボタンを押します。

すると「フォームを送信」という画面が表示されますので、

送信方法で<>(HTML形式)を選択します。

Googleフォーム埋め込み

サイズはそのままでもOKで「コピー」をクリック。

手順⑤ワードプレスに貼り付ける

Googleフォームを埋め込みたいページの

「テキスト」エディタで、コピーしたリンクを貼り付けて終了です。

Googleフォームページ貼り付け

これで、Googleフォームを埋め込むことで

「お問い合わせフォーム」の完成です。

 

スポンサードサーチ

アドセンス審査で最低限知っておくこと

お問い合わせフォーム

今回は、お問い合わせフォームについて見てきましたが、

アドセンス審査で合格するためには、

他にもいくつかポイントがあります。

 

大きなポイント3つをご紹介しますので、

確認していき、怪しいと感じるところは改善をしていきましょう。

 

アドセンス審査に向けて①独自ドメインでブログ構築

アドセンスで稼ぐことを考えるなら、独自ドメインを取得しましょう。

アメブロでは、アドセンスを利用することができませんし、

「はてなブログ」などの無料ブログも最近では合格が難しいようです。

 

無料ブログは規約変更の影響を受けることもありますので、

最初から独自ドメインでのブログ・サイト展開をしましょう。

 

また、独自ドメインで運営するとき、必要になるのがレンタルサーバーです。

最初から自前のサーバーを使うのはコスト的に大変なので、

レンタルサーバーを提供している会社のサービスを利用しましょう。

 

アドセンス審査に向けて②Googleのポリシー遵守

アドセンスも含めてGoogleのサービスを使うからには、

Googleの意向に沿って行動することが重要です。

「困ったときはGoogleはどう考えるのか?」の視点で取り組みましょう。

 

ですから、Googleのポリシーを確認するのは重要ですし

とくに、アドセンスを使って収益を上げたいなら

「AdSenseプログラムポリシー」は絶対に確認しましょう。

AdSense プログラム ポリシー

 

尚、規約は変更になることもあるので、

合格後も引き続き、チェックしていきましょう。

 

アドセンス審査に向けて③ユーザー向けコンテンツの充実

ブログは何のために書くのか?情報発信は何のためにするのか?

それは、ユーザーの悩みや欲求を解決することです。

そのスタンスを前提に、役に立つコンテンツを作りましょう。

 

とはいえ、基準となる項目もあるので、

文字数、記事数、画像、アフィリエイトリンクについて見てみましょう。

文字数 1500文字以上はほしい
記事数 5記事くらいから合格者はいる
画像 著作権フリーを使う
アフィリエイトリンク なるべく使わない

 

尚、禁止コンテンツもあるので気を付けましょう。

禁止コンテンツ

・成人向けアダルトコンテンツ

・ヘルスケアに関するコンテンツ

・差別的なものや誹謗中傷を含むもの

・危険ドラッグや薬物に関するもの

・アルコールやタバコに関係するもの

・法律に違反する内容を扱っているコンテンツ

 

【2020年版】グーグルアドセンスの審査まとめ

お問い合わせフォーム

いかがでしたでしょうか?

 

アドセンス審査に合格するために、

今回はお問い合わせフォームの必要性について確認しました。

 

また、アドセンス審査に合格するための

基礎知識もお伝えしましたが、網羅的に確認する意味で

こちらの記事も参考にしてください。

Googleアドセンス
【2020年版】グーグルアドセンスの審査で合格するための11のチェックリスト

続きを見る

 

合格することを祈っています!!!

 

スポンサードサーチ




-ブログ運営

Copyright© 30代からの自分磨き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.