ビジネス

【2020年9月版】WEB会議システム【Zoom、Teams、Webex】の比較と特徴

2020年9月22日

コロナの第二波、第三波にむけて、

会社でもテレワーク導入に向けて、

WEB会議システムを使っていかなきゃ。

何を基準に比較すればいいんだろう・・・

 

新型コロナウィルスの影響で、

広がりを見せているリモートワークですが、

社内のmtgや取引先との商談などで、

使う場面も増えてきたのではないでしょうか?

 

ただ、導入するにあたっては、

どのWEB会議システムを選ぶべきか?

がわからないですよね。

 

「なんとなくZoomがいいのかな?でもセキュリティが弱いって聞くしな・・・」

と世間の噂で、いろいろ決めてしまってはいけません。

 

ということで、今回は、

WEB会議システムの選び方のポイントと

代表的なWEB会議システムである

・Zoom

・Teams

・Webex

について解説していきます。

 

実際に、僕の会社は2020年3月から完全オンラインで

業務をしており、各社のWEB会議システムは使ってきたので、

個人的な感想も交えつつお伝えします。

 

 

スポンサードサーチ

WEB会議システムの比較【Zoom、Teams、Webex】

WEB会議システムの比較

WEB会議システムの比較の前に、WEB会議システムに求められるものを整理しましょう。

 

WEB会議システムに必要な要素①使いやすさ

まずは「使いやすさ」が大切ですね。

・ITに詳しくなくても一人でログインできる

・わかりやすい操作性

・画質、音質の安定さ

など、ストレスを感じない会議システムである必要があります。

 

複雑なシステムだと、なかなか社内に浸透しませんし、

画質と音質が安定しないと、コミュニケーションもスムーズに進みません。

このあたりは一度触ってみないことには始まらないのでまずは試してみましょう。

 

WEB会議システムに必要な要素②セキュリティ

仕事でWeb会議を行う場合は、会社の機密情報が

流出することを絶対に避けなければなりません。

 

ビデオ会議システムの多くは、そのシステムを

提供している企業のサーバーに必ず接続されます。

 

システム提供会社のサーバーや、途中のネットワークで

ハッキングされてしまっては、元も子もありません。

セキュリティ面での対策がしっかりとなされているかどうかも、選ぶ際の大切なポイントです。

 

WEB会議システムに必要な要素③参加人数

WEB会議システムの使い方によりますが、

参加人数によっても使いやすさ、使いにくさがあります。

 

たとえば

・一画面に何人まで映るか?

・最大でどのくらいの人数で会議をするケースがあるか?

など、考えておく必要があります。

 

WEB会議システムの比較表

ということで、上記3項目での比較がこちらです。

Zoom Teams Webex
使いやすさ
セキュリティ
参加人数 100人 300人 100人

何を重要視するのか?ですが、

使いやすさでは、やはりZoomが一番です。

 

基本性能はTeamsやWebexと同じですが、

2020年9月時点でシェアが圧倒的に高いので、

ユーザーの理解が進んでいるという点で、一番でしょう。

 

ただ、Zoomが流行りだしたときに

セキュリティの脆弱性が指摘されていましたが、

実はTeamsもセキュリティについて指摘がありました。

 

ですから、セキュリティを重視する会社は

シスコシステムズ開発のWebexが一番セキュリティが良い

ということで大手企業や大学などでは導入が進んでいます。

 

とはいえ、ZoomもTeamsも、すでに対策も進んでいるので、

最新版をインストールすれば、そこまで心配する必要も

なくなっているのが現状です。

 

参加人数については、どれも100人くらいまでは参加できますので

そこまで大きなポイントにはならないと思いますが、

全社での会議や研修など、念頭において決定することも良いでしょう。

 

ちなみに、どれも無料版もありますが、

有料版となっても大きな金額差(1000円~2000円程度)は

そこまでないので、金額は二の次で良いと思います。

 

WEB会議システムの特徴【Zoom、Teams、Webex】

WEB会議システムの比較

大まかに、WEB会議システムの特徴を見てきたので、

ここからは、それぞれの特徴をもうすこし詳しく解説します。

 

WEB会議システムの特徴①Zoom

現在シェアNo1を誇るWEB会議システムです。

そのポイントは

・フリープランのアカウントの発行は30秒ほどででき、

・ゲスト側はアカウント不要でURLのクリックのみで参加することが可能

という手軽さです。

 

緊急で打ち合わせしたいけどWeb会議ツールを持っていない、という場面でも対応できます。

 

無料のベーシックプランでは、

・1対1のWeb会議は無制限

・グループでのWeb会議でも40分までは利用可能(最大100人まで)

での会議ができるのも魅力です。

セキュリティ面が心配されていますが、

4月以降セキュリティ強化のためのアップデートがされているので、

そこまで心配する必要がないかなと思います。

 

WEB会議システムの特徴②Teams

最大の特長は、”Outlookとの連携で、予定表からボタン一つでWeb会議の設定が可能”であること。

Outlookをお使いであれば、手間が全くかからずにWeb会議設定ができます。

 

チャットや画面共有はもちろん、ホワイトボード機能もあるほか、

チームでチャットをしている最中にボタン一つで会議に移ることもできるので、

対面で仕事をしているときと変わらないシームレスなコミュニケーションを実現できます。

 

1対1やチームでのWeb会議のほか、ウェビナーの開催も手軽にできるところも魅力。

欲しい機能がすべてつまったMicrosoftユーザーにとって最適なツールです。

 

WEB会議システムの特徴③Webex

シスコでは2007年からWeb会議を提供している実績があり、

その品質やセキュリティは安定していると評価されています。

 

暗号化はもちろん、テキストやファイル、動画や顧客名などは

それぞれ別々のデータセンターに格納するという徹底ぶりです。

 

また、1000名まで参加可能なため、大規模な会議の開催に向いているほか、

オプションのイベントセンターを利用すれば、Q&Aや投票機能、

統計なども使えるウェビナーを開催することも可能です。

 

スポンサードサーチ

WEB会議システムの必要機材

オンライン面接の導入状況

ここまでWEB会議システムの比較をしてきましたが、

どのシステムを使うにも、必要になる機材もあったり、

より高品質でストレスなくできる方法もあります。

 

ここでは、マイクやカメラ、卓上ライト、

画面合成用のグリーンバックなどWEB会議をするときに、

あったらよいものを紹介します。

 

ヘッドセット(3000円程度)

ヘッドセットがあれば、周囲の音も入り込ませず、

オンライン会議のみに集中できます。

家で会議をしていると周囲の雑音が邪魔だったりするので、

ヘッドセットは重宝しますよ。

 

卓上ライト (3000円程度)

女性が欲しいのが、この卓上ライトです。

画面に映りこむ自分の顔が暗かったり、しわが目立ったりします。

男性の僕ですら、「どうにかしたい!」と感じるので、

女性ではなおさら、感じるのではないでしょうか?

 

ウェブカメラ(5000円程度)

WEB会議をやろうにも、カメラが内蔵されていない

PCを使っている人もいるでしょう。そんな時はこのカメラを外付けして

WEB会議をできるように調整しましょう。

 

グリーンバック(2000円程度)

WEB会議をやるときに部屋を見られたくない!という悩みはないですか?

僕は家が雑然としているので、あまり見せたくないです。

そんな時に活躍するのがグリーンバックです。

これを後ろに置いておくことで、仮想背景を設定できるので、

自分の画像をオシャレな部屋などに設定できたりします。

 

【まとめ】WEB会議システムの比較

WEB会議システムの比較

いかがでしたでしょうか?

 

今回はWEB会議システムの比較ということで、解説してきました。

いろいろ書いてきましたが、個人的には

認知度と使いやすさから「Zoom」が一番オススメです。

(一番、使っていますし)

 

Zoomについては、ここでは紹介していない機能もありますし、

具体的に100人以上での使い方なども記事にしています。

Zoom100人以上の使い方
【オンラインセミナーや研修はどうやる?】Zoomの100人以上の使い方

続きを見る

これから、リモートワークがより進んでいくと思われます。

特に、新卒採用などでは、オンライン面接は当たり前のようになっています。

オンライン面接の導入状況
2021年新卒採用のオンライン面接の導入状況

続きを見る

ぜひ、この機会に働き方改革ということで、

WEB会議システムの導入をしていきましょう。

 

スポンサードサーチ




-ビジネス

Copyright© 30代からの自分磨き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.