ランニング

ギックリ腰の時に走っていいの?腰痛に悩むランナーへ

ギックリ腰になっちゃった。走っていいのかな?頑張りたいのに・・・

せっかく目標をかかげて頑張っていたのに、腰痛やギックリ腰で、練習が思うようにできない・・・そんなことありますよね。

ぼくも、サブエガ(フルマラソン2時間50分切)に燃えていたのに、腰痛になってしまって、1カ月練習経過が狂いました

ちょっと治ったと思って、走ってみたけど、やっぱり痛めて・・・の繰り返し。

さらには、くしゃみ一発でギックリ腰再発で、もうメンタル病む・・・みたいな。

腰痛において、こんな悩みもあるかと思いますが、ギックリ腰の時に走っていいのか?ということに対して。

結論でいうと、基本的に腰痛が緩和されてきたら、軽く動き出すくらいがちょうどいいと思います。

ずっと静止していると筋肉も硬直するので、少し動かして慣らしていくほうが良いみたいです。

ということで、今回のブログでは、ギックリ腰など腰痛に悩まされるランナーに向けて

・ギックリ腰の時に走っていいのか?

・ギックリ腰への対処法

・ギックリ腰からの復活方法

について、僕の体験をお伝えしていきます!

万人に効力を発揮するは分かりませんが、体験談として参考にしてください!

 

スポンサードサーチ

ギックリ腰の時に走っていいの?

ギックリ腰の時に走っていいの?腰痛に悩むランナーへ

まずは、ギックリ腰が発症した!走っていいのかな?についてです。

ギックリ腰だとメンタル下がる

ギックリ腰になると、世の終わりですよね。

多くの動きが制限されるので、メンタルが下がります。

夜も寝づらいし、立ったり座ったりもしんどいし、何をするにも億劫です。

「要」という言葉からも、身体の中心を痛めると、何事もつらいですよね。

ギックリ腰当日、翌日は安静にする

ということで、ギックリ腰になった日や翌日は基本的に安静にしておきましょう。

市販薬の痛み止めを飲んで、コルセットをまいて、安静にしておきましょう。

ただ、寝るときは、コルセットは外したほうが良いです。適度に寝返りを打てたほうが身体が固まらないので。

ギックリ腰から2~3日で動けるようになる

さて、そんなギックリ腰ですが、2~3日すると改善されると思います。

ですから、少し動けそうだな、と感じたら、積極的に動いていきましょう(動きすぎは禁物です)。

ぼくは、ギックリ腰から2~3日後には、ゆっくりペースで(キロ6分~7分程度)走りましたよ。

ちょっと走ったほうが、身体もほぐれて楽になります。

ギックリ腰から3週間でほぼ治る

そこから徐々に回復するにつれて、ランニングの強度も上げていきます。

しっかり戻るには、だいたい3週間くらいかな?という感覚です。

再発しないように気を付けていきましょう!

ギックリ腰にならないための対策

ギックリ腰を一度起こすと癖になってしまいます。

ぼくも、ギックリ腰の治りかけから、くしゃみ一発でまた、ギックリ腰やり直しました。

まじで、この時は「この世の終わりだ・・・」と感じました。

急なくしゃみや咳には注意しましょうね!

また、腰痛は基本的に腰というよりも、ふとももやお尻の違和感から連動していることも多いです。

ランナーさんは、このあたりの下半身のストレッチ、ケアを大事にしてください。

 

【まとめ】ギックリ腰の時に走っていいの?

ギックリ腰の時に走っていいの?腰痛に悩むランナーへ

今回のブログでは、ギックリ腰の時に走っていいのか?ということをテーマに僕の体験をお伝えしました。

あらためて、お伝えしたいのはこんな感じです。

・ギックリ腰当日は安静にする

・ギックリ腰から2~3日で走り出す

・ギックリ腰からの完全回復は3週間

・ギックリ腰中の不意打ちくしゃみに気をつける

ギックリ腰になりやすい時は、やはりオーバートレーニングなどで疲労がたまっているときです。

怪我には気を付けて、自己ベストねらっていきましょう。

【3年ぶりの本気】フルマラソンに向けて何を準備するべきか?
【3年ぶりの本気】フルマラソンに向けて何を準備するべきか?

続きを見る

 

スポンサードサーチ




-ランニング

Copyright© 30代からの自分磨き , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.