暗号資産

NFT初心者の始め方4つのステップ+手数料を減らす方法もお伝えします

2022年2月19日

NFTを始めたいけど、初心者すぎて分かりません。

NFTの始め方を知りたいです。

こんなお悩みを解決していきます!

僕も2022年からNFTを買い始めた初心者です!

NFTがにぎわっていますが、実際購入するには、いろいろ壁があるのです。

たとえば

・イーサリアムを持っていないといけない

・ウォレットも準備する必要がある

・ガス代が高いからポリゴンに接続した方が良い

・マーケットプレイスは基本英語なので苦戦する

などなどです。

さて、上記の壁のイメージはついたでしょうか?

単語や説明について、「???」が浮かんだ人は、ぜひ最後まで読んでいってください。

NFT初心者に向けて、初心者だからこそ伝えられる情報をお届けしていきます。

ということで、今回のブログではNFTの始め方を4つのステップでお伝えします。

さらに、とりあえず気軽に少額(数百円、数千円)から始めたいという人向けに、深堀した情報もお届けします

 

 

スポンサードサーチ

NFT初心者の始め方4つのステップ

NFT 初心者の始め方

さて、では、NFT初心者の始め方4つのステップを見ていきましょう。

NFT始め方①仮想通貨口座の開設

NFTを買うためには、イーサリアムを購入する必要があります。

そのために、仮想通貨の口座が必要となります。

仮想通貨口座は有名なところだと、

などがあります。イーサリアムは、ほぼどの仮想通貨取引所でも扱っています

仮想通貨の口座を開設するには、メールアドレスや本人確認書類が必要です。

本人確認書類には、マイナンバーカードや運転免許証、健康保険証、パスポートなどがあります。

口座開設は無料ですし、時間がかかるケースもあるので、チャンスを逃さないように、すぐに開設しましょう。

僕が利用しているコインチェックは、初心者にもわかりやすいデザインで、日本でのダウンロード数No1です。

>>コインチェックで仮想通貨の口座開設をする

コインチェック
オンラインで口座開設もできて、すぐに取引も始められるのでオススメですよ。

\今日からコインチェックでNFTを始める/

無料でコインチェックで口座開設

NFT始め方②イーサリアムを購入

仮想通貨の口座ができたら、仮想通貨口座に日本円を入金します。

最初は少額から投資するのが良いですが、入金にはそこそこ手数料がかかります(770円など)ので、投資予算に応じて入金額を決めておきましょう。

入金したら、いよいよイーサリアムの購入です。

イーサリアムに限らず仮想通貨の売買では、仮想通貨取引所が公表している手数料のほか、スプレッドと呼ばれる実質的な手数料が発生する場合があります

スプレッドとは、仮想通貨の売値と買値の差額のことです。

売値と買値の差が大きい、つまりスプレッドが広いほど、手数料は高くなります。

コインチェックの取引所でイーサリアムを買ってみた解説記事もあるので、参考にしてください。

【2022年1月】イーサリアムをコインチェックの取引所で買ってみた
【2022年1月】イーサリアムをコインチェックの取引所で買ってみた

続きを見る

NFT始め方③ウォレットを用意

NFTを買うためには、NFTマーケットに入る必要があります。もっとも有名なのはOpenSeaです。

NFT 初心者の始め方

このOpenSeaの中で、あなたが気にいったNFTを買うときに必要なのがウォレットとなります。

ウォレットとは、そのまま財布のことです。あなたのウォレットをNFTマーケットに連動させてNFTを買うのです。

ちょっと複雑になってきましたね。

分かりやすくいうと、Amazonのサイトで気に入った商品があればクレジットカードで決済しますね。

この場合のAmazonがNFTマーケットで、クレジットカードがウォレットの立ち位置です。

ウォレットもいくつかありますが、代表的なのはMETA MASK(メタマスク)です。

NFT 初心者の始め方

こちらの設定をして、あなたのイーサリアムをMETAMASKに入れて、NFTマーケットに出かけるのです。

NFT始め方④NFTを買う

さぁ、いよいよNFTを買いますよ!

NFTマーケットプレイスに行きましょう!

OpenSeaには、こんな感じでたくさんのアート作品などがあります。

お気に入りを見つけて後は購入するだけです。

NFT 初心者の始め方

こうやって見ると、流れはシンプルなのですが、いろいろ大変なこともありました。

こちらの記事に、NFTを初めて買ったときの体験談やメリットデメリットがあるので、参考にしてください。

2022年に初めてNFT投資をやってみた【実体験とメリットデメリット】
2022年に初めてNFT投資をやってみた【実体験とメリットデメリット】

続きを見る

 

NFT初心者が少額からスタートする始め方

NFT 初心者の始め方

さて、ここまで基本的なNFT初心者の始め方を見てきました。

ただ、イーサリアムでNFTを買うと手数料(ガス代)が高いのです。手数料だけで数千円することもあります

「そこまで、NFTにはまだ投資できないよ~」という人も多いと思いますので、気軽にNFT投資の始め方もお伝えします。

NFTを気軽に楽しむならポリゴン

NFTをやってみたいけど、そこまで投資する気もない、気軽に始めたいという人はポリゴンを使いましょう。

いきなり新しい単語が出てきてビックリされると思いますが、ポリゴンはざっくりいうとイーサリアムをより使いやすくしたものです

イーサリアムは手数料が高く、かつ高額なNFTが多いです。

それに比べるとポリゴンは手数料がかからず、数百円程度の安価なNFTが多いので、初心者はこちらから始めるとベターです。

では、イーサリアムとポリゴンは何が違うのでしょうか?

イーサリアムとポリゴンの違い

技術的には違うブロックチェーンになるのですが、こういった話だと難しくなります。

ユーザー目線での違いをお伝えするとこんな感じです。

イーサリアム ポリゴン
コスト 高い 安い
ブランド 高級で多い 普通
使える場所 OpenSea以外幅広く使える OpenSeaのみ

なんとなくつかめてきましたか?

ニュースで「NFTが数千万円で売れた」などありますが、あれはイーサリアムになります。

NFTにも高級なブランド、人気のブランドがあり、イーサリアムは百貨店のような位置づけと考えると、ポリゴンは無名のクリエーターがしのぎを削っているフリーマーケットみたいなものだと考えると良いでしょう。

ポリゴンネットワークの接続がまた大変

ということで、ポリゴンネットワークの特徴を見てきましたが、どうやってポリゴンにつなぐか?が大変なんですよね・・・

大まかなステップでいうと

メタマスクにポリゴンネットワーク(Matic)を追加

ポリゴンWalletにイーサリアムをブリッジ

ポリゴンWalletのイーサリアム入金を確認

という感じです。この流れが、なかなかてこずるというか、英語だらけで、エラーも出たりするので、なかなか怖い作業です。

NFT 初心者の始め方

このあたり、具体的なやり方は、割と複雑です。

別の記事でまとめたので、実際にやるときには参考にしてくださいね。

イーサリアムとポリゴン
【スマホ版】イーサリアムをポリゴンネットワークに接続する方法を画像で解説します

続きを見る

スポンサードサーチ

【まとめ】NFT初心者の始め方

NFT 初心者の始め方

さて、今回のブログではNFT初心者の始め方についてお伝えしてきました。

あらためて始め方の4つのステップをまとめます。

4つのステップ

①仮想通貨口座の開設

②イーサリアムを購入

③ウォレットを用意

④NFTを買う

NFTを始めるには、まずは仮想通貨口座の開設です。

僕はコインチェックで仮想通貨取引をしています。

初心者にもわかりやすいデザインでおすすめです。下のリンクから口座開設できるので、今すぐ登録しましょう。

\今日からコインチェックでNFTを始める/

無料でコインチェックで口座開設

さらに、NFTを少額から手軽に始めるには、ポリゴンネットワークで取引を始めると良いです。

そのためのステップはこちらです。

メタマスクにポリゴンネットワーク(Matic)を追加

ポリゴンWalletにイーサリアムをブリッジ

ポリゴンWalletのイーサリアム入金を確認

ポリゴンを使えば、手数料もかからず、数百円からNFTを買うことができます。

NFT 初心者の始め方

ただ、仮想通貨口座の開設から、ポリゴンにイーサリアムを入金するまでは、なかなか大変です。

解説記事や、解説動画もたくさんありますが、それを見ながらもなかなかトラブルも多いです。

ぜひ、一つ一つ気を付けながら、取り組んでみてください。

その先には、新しいデジタル空間が待っています!

 

スポンサードサーチ




-暗号資産

Copyright© 30代からの自分磨き , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.