不動産投資 読書録

【感想】パラレルインカムのはじめ方~私たちの新しいお金と生き方の選択肢~

今回は、「パラレルインカム」のはじめ方~私たちの新しいお金と生き方の選択肢~についての感想レビューをお伝えします。

僕は将来的な経済的自由、いわゆるFIREを目指していますが、このありかたや定義も人によって違います。

さらに、本当にすべて資産収入で賄おうとしても、なかなか現実的ではないと考えています。

ですから、サイドFIREという不労所得もありながら、好きな仕事をしていくような、半分半分の考え方を今は目指しています

その中で、また新しい言葉である「パラレルインカム」というものが出てきました。

これは、収入(インカム)の柱を複数(パラレル)持とう、ということです。

今回は、このパラレルインカムのはじめ方を読んで学んだ感想についてお伝えしていきます。

これからの生き方を迷っていたり、FIREを考えている人などは、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードサーチ

FIREではなくパラレルインカムを目指そう

パラレルインカムのはじめ方の感想

まずは、FIREとパラレルインカムの違いを確認です。

FIREとパラレルインカムとは?

これらの根本的な考え方は「経済的自由」という状態です。

これは資産所得(不労所得)>生活費となる状態のことを言います。

その中でFIREとは、資産運用で生活費を賄い、早期リタイアを目指すことです。

一方、パラレルインカムも同じような概念ですが、著者からすると

「進化版FIRE」と定義しており、FIREのもう少し先のゴールを目指すイメージ

ということです。

FIREとパラレルインカムの違い

それでは、具体的にFIREとパラレルインカムの違いを見てみましょう。

FIRE パラレルインカム
価値観 ゴール リタイアによって仕事から解放される 自由な人生をデザインする
経済的自由の意味 働かなくても生きていける 好きなことを制約なくできる
得られるもの 時間の自由 人生の充実感
生活イメージ 資産 質素に暮らせば減らない 自動的、定期的な収入によって増えていく
仕事 しない、または副業程度 生きがいと思える仕事をする
生活 時間の自由以外は変わらない お金に縛られない、ゆとりある生活
運用方法 必要な期間 10~20年 5~10年
収入目標 400万円/年 最低600万円/年
必要資金 1億円(4%ルール) 3000万円
安定性 株で運用するので不安定 家賃収入なので安定

大きくは、価値観、生活イメージ、運用方法とありますね。

収入部分が、パラレルインカムでは、不動産投資をメインに使っています。

本書では、ここを中心に書かれていますが、個人的には、ここは他の投資手法でも良いと思います。

とはいえ、僕も不動産投資をしていたので、この本のイメージはよりわきやすかったですね。

パラレルインカムで手に入るものは?

パラレルインカムのはじめ方の感想

それでは、パラレルインカムをすることで何が得られるのか?確認していきます。

パラレルインカムで手に入る5つの自由

パラレルインカムになると、下記の5つの自由が手に入ると本書には書かれています。

①お金の自由

②時間の自由

③人間関係の自由

④住処の自由

⑤仕事の自由

この5つの自由をバランスを取りながら生活をデザインしていくのです。

この5つを自由にできるのは理想ですよね~。

自分もそうですが、多くの人は、お金に縛られていると思います。

お金が自由になることで、それ以外の選択肢が大きく開ける気がします。

それでは、パラレルインカムになるにはどうすればよいのか?最初の一歩目を確認です。

パラレルインカムになるための最初の一歩

パラレルインカムになるための最初に取り組むことは具体的なゴールの設定です。

何事も同じですね。ここでは、下記の年数を決めることになります。

20__年までに、好きな仕事を実現

20__年に、経済的自由を達成

20__年まで、資産構築に集中

20__年まで、労働所得を増やすことに集中

そして、目標とする資産所得額をきめるのです。

ここをしっかり描けるかどうか?がポイントなのですね。

スポンサードサーチ

【まとめ】パラレルインカムのはじめ方の感想

パラレルインカムのはじめ方の感想

今回は「パラレルインカム」のはじめ方~私たちの新しいお金と生き方の選択肢~についての感想をお伝えしてきました。

この本の特徴としては

・FIREの意義を再度考え直せる

・パラレルインカムをしている人の事例を知ることができる

・パラレルインカム実現には不動産投資がオススメである

ということを感じました。

こういった経済的自由の文脈は今ブームなので、いろんなワードが出てきています。

とにかく、僕たちがやるべきことは、どんな人生を歩みたいのか?という目標を設定して、具体的にアクションし続けることです。

本書でも、パラレルインカムの最初の一歩は目標設定とありました。

ちなみに、僕の場合の目標はこんな感じです。

2039年(55歳)までに、好きな仕事を実現

2034年(50歳)に、経済的自由を達成

2029年(45歳)年まで、資産構築に集中

2029年(45歳)まで、労働所得を増やすことに集中

僕もこの本に出合う前から3つの収入源が欲しいと思って動いてきました

具体的には、本業、副業、不労所得、の3つです。

それぞれで月に50万円ずつ入ってくる構造ができたら月150万円なので大きいなと思っています。

そのために、本業は当たり前として、副業ブログと、不労所得で不動産投資です。

また、55歳以降の好きな仕事をやっていくために、趣味方面も広げています。

こちらは、ランニングやトライアスロンもそうですが、書道や絵や音楽などの文化面も広げたいです。

いろんなことにチャレンジして、40歳、45歳、50歳と年齢を重ねるにつれて、いろんな点が、つながっていく人生を目指していきます。

あなたも一緒に頑張りましょう!!

 

スポンサードサーチ




-不動産投資, 読書録

Copyright© 30代からの自分磨き , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.