投資

楽天ふるさと納税をやるなら絶対やってきたい3つのポイント

ふるさと納税は、楽天ふるさと納税がいいって聞いたけど、

どうやったら、お得になるのかな?

どうせなら、しっかりポイントもらいたいです!

 

ふるさと納税をやるなら、

絶対に「楽天ふるさと納税」がオススメです

 

ふるさと納税は、寄付金に対して3割程度の返礼品がもらえるので、

それ自体が、とてもお得な制度なのですが、

さらに、楽天ふるさと納税を使えば、寄付金に対して

ポイント還元がつくので、めちゃくちゃお得です。

 

僕は毎年10万円以上、ふるさと納税をしていますが、

楽天ふるさと納税を使うことで、1万円以上ポイントとして返ってきます

 

返礼品と合わせると、投資対効果4割以上がほぼ確実に実現できるのです。

 

やらない手はないですよね?

 

ということで、今回は、

楽天ふるさと納税でお得になるために

絶対やっておきたい3つのポイントをお伝えします。

 

何も知らずにやると、

「本当はもっとお得にできたのに!もったいない!」

ということがあるので、ぜひ、こちらの記事を読んで

取り組んでください。

 

この記事を見てもらえれば、

これまで楽天ふるさと納税をしていなかった人でも、

無駄なく、効率的に、ふるさと納税に取り組めます。

 

ぜひ、最後まで見てください。

 

 

スポンサードサーチ

楽天ふるさと納税をやるための3つのポイント

楽天ふるさと納税

それでは、楽天ふるさと納税の3つのポイントを見ていきましょう。

 

ポイント①SPUで還元率を上げる

SPUとは何か?というと

スーパーポイントアッププログラムです。

 

楽天の関連サービスを使うと、

楽天市場での買い物で、もらえるポイントがアップするという制度です。

 

SPUの対象となるサービスは、たくさんありますが

最大でポイント16倍まで増やすことができます。

 

16倍というのは、楽天会員であれば

誰でももらえる1%のポイント還元に対して16倍となります。

つまり、16倍とは、ポイント還元16%ということです。

 

SPUをふやすには、楽天関連サービスを利用する必要があります。

プログラム例はこちらの通りです。

SPUプログラム

・楽天会員 +1倍

・楽天モバイル +1倍

・楽天ひかり +1倍

・楽天ゴールドカード +4倍

・楽天銀行 +1倍

・楽天保険 +1倍

・楽天でんき +0.5倍

・楽天証券 +1倍

・楽天トラベル +1倍

・楽天市場アプリ +0.5倍

・楽天ブックス +0.5倍

 

これらすべてを利用するのは難易度高いですが、

僕は、こちらのように7倍(還元率7%)になっています。

楽天ふるさと納税

 

あなたのライフスタイルに合わせて、

楽天サービスを利用していきましょう。

 

常時7%の還元率なんていうカードはありません。

とりあえず、楽天ユーザーでなければ、

会員登録して、楽天カードを申し込みましょう。

それが、お得で賢い生活への第一歩です。

 

ポイント②お買い物マラソン・スーパーセールを狙う

次のポイントを最大化するポイントは、

・お買い物マラソン

・スーパーセール

のいずれかのタイミングで楽天市場で買い物をすることです。

 

このお買い物マラソン・スーパーセールの期間中に、

ショップを1つ、2つと買いまわっていくと、ポイントが最大10倍になるのです。

 

お買い物マラソンのルール

・1ショップの合計購入金額が1000円以上

・10ショップ以上で最大10倍(還元率は+9%)

・エントリーが必要

・還元ポイントの上限は10000ポイント

・付与されるのは期間限定ポイント

 

ぼくは、ティッシュや、トイレットペーパー、化粧品、お米、お水など、

1000円程度で購入するものを、このタイミングで購入することで

ポイント10倍にして、ふるさと納税を利用しましたので非常にお得でした。

 

このキャンペーンは、2週間に1度程度は行われます。

誰でも、簡単にできるので、ぜひ活用しましょう。

ただし、おなじショップで買っても、対象にはならないので気をつけましょう。

 

ポイント③5か0のつく日に買う

楽天市場では、毎月5か0のつく日に、

ポイントが+5倍になるというキャンペーンをやっています。

具体的には、5日、10日、15日、20日、25日、30日です。

 

実質的には、

・楽天会員 +1倍

・SPU +2倍

・5と0のつく日 +2倍

ということなので、+2倍がポイントを多くもらえるいう内容です。

 

SPUやお買い物マラソンと比べると、少ないポイントと感じるかもしれませんが、

特に労力なく、ポイントを稼げますので、意識して、この日に買いましょう。

 

楽天ふるさと納税の注意ポイント

楽天ふるさと納税

気を付けるポイントもあるので、2つ紹介します。

 

注意ポイント①限度額を超えないようにする

ふるさと納税は、あなたの所得に応じて、

寄付できる金額の上限が決まっています。

 

限度額を超えて、ふるさと納税をしてしまうと

本来は2000円の自己負担ですむところが、

5000円、1万円と増えていってしまいます。

 

これは、所得控除はされないが寄付するだけ、ということになります。

本当に寄付をしたい人なら良いですが、そうでなければ注意ましょう。

 

自分の限度額がいくらなのか?については

各サイトにシミュレーションがありますので見てみてください。

 

注意ポイント②なるべポイント支払しないほうが良い

ふるさと納税では、楽天ポイントを使わずに購入したほうがお得です。

 

ポイントで購入してしまうとSPUの

・楽天カード払いによるポイント2倍

(ゴールドだと4倍)

・楽天銀行によるポイント1倍

の合計3~5倍を利用できなくなるためです。

 

楽天ポイントを使うなら、ポイント還元をすてなくて済むところで利用しましょう。

 

では、貯めた楽天ポイントはどこで使うのか?

というと「ポイント支払サービス」か「楽天Pay」が良いでしょう。

 

ポイント支払サービスでは、楽天カードの請求額を

楽天ポイントで支払うということで、特にデメリットがありません。

また楽天Payも、コンビニなど街中で使えるお店が増えているので

ポイントは、このようなところで使っていきましょう。

 

スポンサードサーチ

【まとめ】楽天ふるさと納税の使い方

楽天ふるさと納税

いかがでしたでしょうか?

 

今回のブログ記事では、楽天ふるさと納税を

効率的に、お得に、使うためのポイントを解説しました。

あらためて、まとめます。

①SPUで還元率を上げる

②お買い物マラソン・スーパーセールを狙う

③5か0のつく日に買う

 

僕は、これら3つのポイントをおさえることで、

17.5倍で、ふるさと納税を利用しました。

 

昨年までは、別のサイトでふるさと納税を利用していたのですが、

同じ金額を寄付するとすると、明らかに楽天ふるさと納税の方がお得です。

10万円寄付するとすると、楽天ふるさと納税を使うだけで、1.75万円得します

 

これは、使わない手はないので、ぜひ、ふるさと納税をするときは

「楽天ふるさと納税」を活用しましょう。

ふるさと納税
【今更聞けない】ふるさと納税って何?実際に得するのか?

続きを見る

 

スポンサードサーチ




-投資

Copyright© 30代からの自分磨き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.