トライアスロン ランニング

【初心者向け】トライアスロントレーニングは「ラン」中心で行おう

2020年4月7日

トライアスロン初心者
トライアスロンは、スイム、バイク、ランと

3種目あるけど、トレーニングは、

どのようにすればよいの?

 

トライアスロンのトレーニングを始めるにあたって

最初に悩むのは、トレーニングのバランスです。

 

トライアスロンをはじめようと思う人の多くは、

プロの競技者ではありません。

 

普段は仕事や学校があり、

トレーニングに使える時間は限られます。

 

ですから、スイム、バイク、ランの

練習時間を均一にするのではなく、

ランを中心にすることがオススメです。

 

僕も、社会人をやりながら、トライアスロンをしていますが、

トレーニングのバランスとしては、ランが中心です。

 

この記事では、トライアスロン初心者に向けて

・ラン中心でトレーニングを行う理由

・ラン中心の具体的トレーニング内容

について、解説していきます。

 

 

スポンサードサーチ

トライアスロン初心者は、ラン中心トレーニングがオススメな理由

ランは、スイムやバイクに比べて、

いつでも、どこでも、トレーニングができます。

 

スイムは、プールのある施設に行かねばなりませんし、

バイクは、練習時間が長く、サイクリングロードなど

道路が整備されているエリアに向かう必要もあるからです。

 

また、トライアスロンは

「過酷なスポーツ」と言われ

基礎体力のベースが必要となります。

この基礎体力を養うには、ランニングが

もっとも効率的なのです。

 

ということで、トライアスロン初心者の人は、

「ランニング」をトレーニングの柱としましょう。

 

今回は、ランを中心としたトレーニングのポイントを

二つご紹介しますので、ご参考ください!

 

トライアスロン完走に向けたラントレーニングの二つのポイント

 

それでは、具体的にトライアスロン初心者の人が

ラントレーニングを中心に据えるときの

具体的な取り組み内容についてご紹介します。

 

①ラン60%、スイム30%、バイク10%

日常が忙しい人にオススメなのは、

このようなグラフの割合です。

 

 

ただ、もちろん、ケースバイケースなので、

暑い時期は、スイムの頻度を増やしたり、

気分転換のために、休日にロングライドをしてもかまいません。

 

あくまでも目安として、捉えてください。

「バイクの練習をやっていないから不安・・・」

などと、考える必要はありません。

 

ランを中心にすることで、必ず他の種目の能力も上がります。

 

僕のトレーニング仲間も、しばらくランニングを続けるだけで、

泳げなかったのが、いつの間にか泳げるようになりました。

これは、基礎体力の向上により体幹にスイッチが入り、

スイムでも生かされるようになったからです。

 

ですから、まずはランでベースをつくり

徐々にスイムやバイクのトレーニングを増やしていきましょう。

 

②初心者向け週間トレーニング例

下記のようなイメージで、ランを中心にトレーニングをして、

スイムやバイクを週末などに週一回程度入れるようにしましょう。

 

 

火曜:ラン10km 1時間

木曜:ラン10km 1時間

土曜:バイク30km 2時間

日曜:スイム1km 1時間 + ラン10km 1時間

 

このようなトレーニング計画で、

3か月程度練習していけば

トライアスロン完走も見えてきますよ。

 

トライアスロン攻略で身に着けるべきはタイムマネジメント能力

ここまでトレーニング計画について書いてきましたが、

ここで大切なのは、週末のスイムやバイクの練習時間の捻出です。

 

スイムは、水泳の練習ができる施設に行くのに、

往復の移動時間や着替えなど含めると、

おそらく1時間以上はかかるでしょう。

 

バイクについても、気持ちよくバイクの練習ができる場所

例えば、河川敷などのサイクリングコースに、

すぐに行けるという人はまれです。

 

さらに、バイクは、1度で30~40kmくらい走って

慣れる必要があるので、そういう意味でも、

走った時間+30分~1時間は余計に時間を見積もる必要があります。

 

つまり、スイムやバイクは、練習時間にプラスして、

準備や移動の時間がかかるので、このあたりの

タイムマネジメント能力が必要なのです。

 

トライアスロン初心者が、達成のために

獲得するべきは、体力やスキルもそうですが、

このタイムマネジメント能力も、とても大切だと感じます。

 

スポンサードサーチ

まとめ

トライアスロンとは

ということで、今回は、トライアスロン初心者の人向けに、

まずは「ラン」の練習を中心にしましょう、という内容でした。

 

改めてまとめます。

 

まとめ

・ラントレーニングを中心にトライアスロンの基礎体力をつけよう

・バイクとスイムは週一から時間を捻出しよう

・トライアスロン達成にはタイムマネジメント能力も向上させよう

 

ただ、大切なのはトレーニングを継続して楽しむことです。

計画を組みすぎて、「できなかった・・・」と

自己嫌悪になってしまっては続きません。

 

ランを中心にオススメしましたが、

あなたが、楽しく、続けられる環境を

模索してみてください。

 

楽しく続けるためには

・一緒に頑張る仲間を見つける

・毎週のタイムの向上を記録する

・新しいウェアなどを購入する

などで、モチベーションを

維持し続けることも大事になります。

 

ぜひ、楽しいトレーニングを続けて

楽しくトライアスロンにチャレンジしてみてくださいね!

 

スポンサードサーチ




-トライアスロン, ランニング

Copyright© 30代からの自分磨き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.