ランニング

朝ランと夜ランどっちがいいの?メリットデメリットを解説します。

朝ランと夜ランって

どっちがいいのかな?

 

ランニングを習慣にしようという人に

良く聞かれる質問ですが、

結論としては、「どちらでもOK」です。

 

その人の生活リズム(家族、仕事など)や、

ランニングの目的(ダイエット、レースなど)によっても

かわるので、一概には言えません。

 

とはいえ、朝ラン、夜ランの特徴があるので、

ランニング歴10年、月間150~200kmを走る

サブスリーランナーの僕が、このテーマについて

感じていることを発信したいと思います。

 

ということで今回の記事では

・朝ランのメリットデメリット

・夜ランのメリットデメリット

を解説します。

 

 

スポンサードサーチ

朝ランのメリット

朝ラン

朝は、寝起きで身体もうまく動きません。

朝のランニングはパフォーマンス向上よりも

1日のコンディションを整えることを目的にして、

ゆっくりしたペースで無理のない距離で行ったほうが良いでしょう。

 

そんな朝ランですが、さっそくメリットを3つご紹介します。

 

①朝日が綺麗で気持ちがいい

朝日とともに、ランニングをすることで、

とてもすがすがしい気持ちになります!

 

時間や季節ににもよりますが、日の出は

やっぱりパワーをもらえますよね。

 

朝日を浴びて体内時計もリセットされて

「今日も頑張るぞ!」という気持ちになります。

 

②今日の計画をイメージできる

朝ランしながら考えることは、

「今日一日はどんな日にしていこう」ということです。

朝が慌ただしいと、どうしても惰性で一日を過ごしがちです。

 

朝に30分でも、走りながら、今日の計画を立てられると

今日やるべきことも整理されますし、スケジューリングも

イメージがわきます。

 

結果、仕事や家事がはかどる一日になりますね。

 

③一日の始まりに充実感をもてる

何といっても、朝早起きをして、

「朝の時間を有効活用できた!」という自己肯定感があがり

自分自身に対して、自信を持てるようになります。

 

こういった日々の積み重ねが自分に対しての

充実感につながり、人間的な余裕になります。

 

朝を有効活用できている人は、仕事や人間関係など

うまくいっている人も多いと感じます。

このあたり、自己規律があるかどうか?が

人生にも大きな影響を与えるのでしょう。

 

朝ランのデメリット

朝ラン

①朝起きるのがつらい眠い

とにかく起きるのがつらいですよね。

なかなか起きられません。

ここをクリアすることが大前提なので、

朝の弱い僕は、なかなか大変です。。。

 

②走りすぎると日中つらい

朝に負荷の高いトレーニングや長距離を走ると

仕事中に眠くなったり、疲れすぎたりします。

 

頑張りすぎるのも禁物なので、コンディション調整を

メインの目的にしておきましょう。

 

③冬だと暗くて寒い

冬の朝は、夜と同様に暗いので、

まったく走る気がしないですよね。

それでも走れる人は本当に神だと感じます。

 

 

スポンサードサーチ

夜ランのメリット

夜ラン

どちらかというと夜に走る人の方が

多いのではないでしょうか?

僕も断然夜派です。

 

ということで、夜ランのメリットも3つご紹介します。

 

①負荷の強いトレーニングができる

夕方~夜は体温が高い状態なので、柔軟性が上がり、

関節など動かせる範囲が広くなります。

 

エネルギーの代謝や心肺機能の働きも活発になるので、

運動のパフォーマンスが一番高いタイミングです。

夕方4時から夜の8時あたりが、ランニングに適している時間です。

 

ですから、負荷の高いトレーニングは夜にやりましょう。

 

②1日のストレス発散ができる

今の社会はストレスフル!いろんなことがありますが、

そんなモヤモヤもスッキリさせるのが夜ランです。

 

走っていると、気持ちもポジティブになりますし、

今日一日の振り返りもできて、「明日はこうしよう!」などと

色々考えることもできて、思考も気持ちもスッキリします。

 

1日のストレス発散と達成感とともに、夜のビールが最高です。

 

③仲間と走ることができる

夜なら、ランニング仲間と時間を合わせて

トレーニングをすることができます。

 

僕も皇居ランや、トラックのある競技場で

ランニング仲間と定期的にトレーニングをします。

 

仲間との練習は、切磋琢磨して、

追い込みや負荷もかけられるので、

モチベーション向上にもつながりますね。

 

 

夜ランのデメリット

夜ラン

①暗くて危ない

場所にもよりますが、暗くて危ないです。

特にスピードを上げた練習などでは

急に障害物が目の前に出てきたりするので注意です。

慣れたコースを走るのが無難でしょう。

 

②食事が遅くなる

こちらも仕事やリズムによりますが

あまりに遅くなると、食事も遅くなり

かえって、身体に負担をかけることもあります。

就寝の2~3時間前には、走り終えておきたいとことです。

 

③言い訳をして走らなくなる

「今日は夜走ろう」と決めていても

仕事が終わらなかったり、疲れたりしていると

気持ちがのらずに「ま、今日はいいかな」と

自分の気持ちに負けることもあります。

 

言い訳をしやすい状況を作ってしまいがちなのが夜ランです。

負け続けるのが続くと、戻すのが大変ですね。

 

スポンサードサーチ

まとめ

朝ラン

いかがでしたでしょうか?

朝ランと夜ランのメリット・デメリットを

僕なりにまとめてみました。

メリット デメリット
朝ラン 朝日が綺麗で気持ちがいい
今日の計画をイメージできる
一日の始まりに充実感をもてる
朝起きるのがつらい眠い
走りすぎるとつらい
冬だと暗くて寒い
夜ラン 負荷の強いトレーニングができる
1日のストレス発散ができる
仲間と走ることができる
暗くて危ない
食事が遅くなる
言い訳をして走らなくなる

 

僕は夜ラン派ですが、もちろん朝ランもします。

どちらも、それぞれ組み割すことで、

それぞれの良さを補完しあって、

モチベーションを保てている部分もあると思います。

 

走り続けていると、どうしても気持ちがのらない時もあります。

そんな時に、走る時間を変えてみるというのは

一つトライすべきことだと感じます。

 

とりあえず朝ラン・夜ランそれぞれやってみて

自分に合う方スタイルを見つけていきましょう!

 

スポンサードサーチ




-ランニング

Copyright© 30代からの自分磨き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.