ランニング

ガーミンのランニングダイナミクスって何?どうやって見るの?どうやって活かすの?

2020年6月21日

ガーミンでランニングダイナミクス機能って

いうのがあるけど、どういう使い方をしたらいいのかな?

ランニングに活かすにはどうしたらいい?

 

今回の記事では、

そんなお悩みにお答えします。

 

僕は、ランナー歴10年ちょいでサブ3ランナー。

使っているガーミンは「GARMIN ForeAthlete 935」です。

 

このGPS時計と、ガーミンコネクトモバイルという

ガーミン専用のデータ保存アプリを利用して、

日々のランニングの振り返りと対策をしています。

 

今回はその中でも「ランニングダイナミクス」という

中級者以上の人向けの使い方をお伝えします。

 

いろいろデータが出てくるものの、

よくわからないっていうのがありますよね。

 

ただ、ランニングダイナミクス機能を伝えば

・ランニングデータの蓄積

・フォームの改善

・体への負荷を数値化

などに活用できます。

 

ぜひ、各データの意味を確認して、

ランニングの強化につなげましょう。

 

それでは、詳細を確認していきましょう。

 

 

スポンサードサーチ

ガーミンのランニングダイナミクス機能とは?

ランニングダイナミクス

ランニングダイナミクスとは、

ランニングに関するデータを詳細に計測する機能です。

 

ForeAthlete 935は、ランニングダイナミクスポッド(後述)と

呼ばれる加速度センサーが、一緒に梱包されていて

これをガーミン時計に無線接続して走ることで、

ガーミンコネクトに、いろいろなデータが表示されます。

 

たとえば、このようなことがわかります。

1.ランニングデータの蓄積

⇒ペース、気温、高度など

2.フォームの改善

⇒上下動、接地時間、歩幅、ピッチ

3.体への負荷を数値化

⇒心拍数、トレーニング効果、左右バランス

 

ガーミンのランニングダイナミクスポッドを装着しよう

pod

ランニングダイナミクスポッドは

ボタン電池式ですぐに使用できます。

 

ForeAthlete 935には付属されていますが、

単品でも8400円(税別)で販売され他シリーズでも使えます。

 

このように、ランニングパンツのお尻側に装着しましょう。

装着

左右どちらかに寄っていたりすると正確に測れないようです。

気を付けましょう。

 

スポンサードサーチ

ガーミンのランニングダイナミクスによりわかるデータ

ランニングダイナミクス

それでは、ランニングダイナミクスで

分かるデータを一つ一つ見ていきます。

 

今回は、僕のサブ3達成時のデータを使用しますので、

サブ3を目指す人にとっても、自分のデータと

比較しながら、見てみると面白いと思います。

 

尚、ガーミンのフィットネスデータには

下記のようにカラーゲージがあり、それぞれのレベルを表します。

カラーゲージ レベル
パープル 優れている
ブルー 非常に良い
グリーン 良い
イエロー 普通
レッド 悪い または 非常に悪い

※引用「ガーミン公式ホームページ 操作マニュアル」

①ペース(分/km)

ペース

その名の通り、ペースの変動を表します。

若干、ネガティブスプリットになっているのがわかりますが、

最後の2kmくらいは、気合でしたがペース落ちています。。。

 

②心拍数(bpm)

心拍数

こちらも心拍数ですね。平均170なので

結構高い状態で、約3時間走ったことがわかります。

 

③パフォーマンスコンディション

パフォーマンスコンディション

普段のトレーニングと比較して、

フィットネスレベルをリアルタイムで表示しています。

数値が「2~10」だと良いようで「-2~-10」までが標準のようです。

サブ3の35分以降はベース~標準だったようですね。

 

④トレーニング効果

トレーニング効果

こちらも、そのままトレーニングの効果を表します。

5.0は負荷が大きすぎて故障リスクがあります。

3~4点台が、パフォーマンス向上には効果が出てきます。

 

⑤ピッチ(spm)

ピッチ

ピッチ=1分間に左右の足が地面に接触する回数です。

一番効率の良いピッチ数は180程度と言われています。

小刻みにピッチを刻むトレーニングをして、ランニング効率をあげましょう。

 

⑥歩幅(m)

歩幅

こちらは歩幅ですね。ピッチ走法やストライド走法などありますが、

個人的には、キロ4分前半だと1.3mを超えつつ、

ピッチが上記の180を超えるくらいだと快適な印象です。

このあたりは、個人差もありそうですが、上記を参考にしてください。

 

⑦上下動比(%)上下動(cm)

上下動比

上下動

その名の通り身体の上下動を表します。

上下動が小さいほうが、エネルギーロスが小さくなります。

なるべく前に(若干前傾で)エネルギーを運ぶように意識しましょう。

 

⑧接地時間バランス

接地時間バランス

左右のバランスですね。

僕の課題はいつもここです。悪くはないのですが、

改善をしないと、偏った走りになり故障につながります。

左に気持ち重心をかけて走るようにしています。

 

⑨接地時間(ms)

接地時間

接地時間とは、足と地面が設置している時間です。

これは短いほうが良いといわれており、

「速いランナーは200ms以下」という説もあります。

接地していると筋肉を使うので、上空で休むという意識で、

接地を短くするようにしていきましょう。

 

⑩高度(m)気温(℃)

高度

気温

これはその名の通り、その日のコンディションですね。

 

⑪心拍数ゾーンの時間

心拍数ゾーン

こちらも心拍数が、どの領域だったのかを示します。

ゾーン5の時間が長いので、なかなか身体への負荷は大きいです。

 

【まとめ】ガーミンのランニングダイナミクス

サブ3のウェア

いかがでしたでしょうか?

 

ランニングダイナミクスの

各データについての理解は深まりましたか?

 

こういったデータがあることで、

日々のトレーニングの見直しに使えますね。

 

改めて、ポイントをまとめます。

1.ランニングデータの蓄積

⇒ペース、気温、高度など

2.フォームの改善

⇒上下動、接地時間、歩幅、ピッチ

3.体への負荷を数値化

⇒心拍数、トレーニング効果、左右バランス

 

ぜひ、各データを分析しながら、

自分のランニングレベルをあげましょう。

Vdot表
VdotとVO2maxはどう違う?マラソンのタイムを予測するには?

続きを見る

ダニエルズ式トレーニング
【ダニエルズ式トレーニングとは?】マラソン練習の種類と組み合わせについて考えてみましょう

続きを見る

 

スポンサードサーチ




-ランニング

Copyright© 30代からの自分磨き , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.